毎日を香り豊かにのんびりと…。


by lothian_y
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

さくらんぼ

a0043326_00689.jpg

毎年この時期に親戚が送ってくれるさくらんぼ。
今年もやってきました!
まろやかな甘味がおいしい佐藤錦です。

フルーツが山盛りあると、しあわせな気持ちになりますな。
[PR]
by lothian_y | 2008-06-30 00:10 | delicious

暑い日には

a0043326_07498.jpg

蒸し蒸しした日が続きます。
たまたまお休みで家にいた日にテレビ番組の料理コーナーでやっていた「タコタコライス」。
サルサソースにタコを使うので、この名前がついているようです。
すぐに食べたくなってしまい、すぐに行動。こういうときは即決で動けるのが不思議です。
あいにくタコがなかったのでエビで。
サルサソースも野菜たっぷり!レタスもたっぷりのせました。
これにビールがあれば、暑くてもへっちゃら^^!

即行動で、はやく食べたかったので、写真もぶれぶれですね。

タコタコライス レシピ
[PR]
by lothian_y | 2008-06-20 23:48 | delicious
話は少し前後するのですが、今月初めに中目黒のICAROというイタリア料理のお店に行ってきました。久しぶりの食べ物ネタです!

こちらは、このブログにもよく登場するロマンティコのシェフの後輩の方のお店で、この4月に新しくオープンしました。今回もがっつり食べるシェフにM子さんと共に連れていっていただきました!

ICAROのシェフはイタリアに6-7年行っていらして、中身はほぼイタリア人です(笑)。北部のトレンティーノというところに長くいたので、その地方の料理をメインに出してくださいます。すっかり写真を撮り忘れました^^;。パスタも定番なものが多く、なかでも私の大好きなボンゴレロッソもあって感激。奇をてらわず、あえて定番をおいているのだそうです。あとは蝦夷鹿を夏でも出すとのこと。これもおすすめです。その日のおさかなをおまかせでお料理していただきました。今回はムツ。お肉は豚のTボーンステーキ。がつがつ食べました。詳しいメニューはホームページをどうぞご覧になってください。ブログもあるようです。

やっとドルチェになって、カメラを・・・。しかもブレブレ・・・。
a0043326_17364291.jpgシチリアで有名なカンノーリ。
a0043326_17373376.jpgティラミスぅ~。
a0043326_17391480.jpgブリュレ。
a0043326_17395996.jpg食後酒の数々。
a0043326_17403290.jpgカトラリーをおくもの。お店のロゴ入りです。これってなんていうんですかね。日本だと箸置きですが。


a0043326_17405675.jpgお兄さんがマネージャー、弟さんがシェフです。「仮面をつけてください。」と言われましたが、そんな高等技術、私にはないので、字でカバーさせていただきました。


また、おいしいお店のレパートリーが増えました!
お近くの方はぜひ。なんと夜の1時ラストオーダーです!!!さすが眠らぬ街23区。
[PR]
by lothian_y | 2008-06-11 17:47 | delicious

大昔の感覚

a0043326_17435766.jpg
ハワイとまではいきませんでしたが、むしょうに海に行きたくなったので、西伊豆に行ってきました。

a0043326_17455788.jpg
あいにくのお天気でしたが、雲の合間からさしこむ日の光が海に反射してとてもきれいでした。

波の音はどうしていつまでも飽きないのでしょう。宿のお部屋の窓からず~っと波を見ながらその音を聞いていると、なにやら太古の昔に引き戻されるような不思議な感じになりました。そういえばキャンドルの灯や焚き火などもいつまで見ていても飽きません。

あ、もうすぐキャンドルナイトですね。
[PR]
by lothian_y | 2008-06-09 17:52 | travel

うたたね。。。

友人のcherryちゃんは今頃ハワイ満喫中です。
すっかりハワイモードの私。
そんなときはこんな音楽。ケアリイ・レイシェルの『スピリチュアル・アイランド』
a0043326_16422773.jpg
絶対、ジャケ買いしそうな(したんですけど)、このジャケットも魅力。
今日は心地よい風が部屋に吹き込み、バリのお香を焚いて、好きな本を読んでいたら、もうすっかり夢の世界へ。
結局、こんな日、こんな時間がいちばん幸せだったりします。
[PR]
by lothian_y | 2008-06-06 16:46 | films,books,music

終の棲家

映画『最高の人生の見つけ方』(原題「The Bucket List」)を観ました。
余命6ヶ月を宣告された2人の老人男性(ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン)が残りの人生でやっておきたいことをリストに書いて最後に実現させていく話です。全部が実現できるかどうかは見てのお楽しみですが、この映画で改めて感じたことは、どんな人生を送っている人も何かしら抱えていることがあるんだなということです。

長く生きていれば、いろいろなことがあります。
けれど、みんな前を向いて歩いている、あるいは、前を向こうと努力している。。。この映画館にいる人、全員それぞれに抱えていることがあるのか・・・と、そんなことを考えました。だから、自分だけが辛かったりするわけではないのですよね。年配男性がたくさん観にきていたのが印象的でした。

ずっと前、会社の同僚男性が「どう最期を迎えたいかということを考えると、自ずと生き方が決まってくる」と言っていたことを思い出しました。これは男性ならではの考え方なのかとその時は思いましたが、なんとなくわかったような気がしました。そして、自分の終の棲家はどんなところで、どんな人が近くにいるのがいいのか・・・などということも考えてみたりしてしまいました(笑)。ついでに最期には何を食べたいかな、なんて(爆)。でも、最期はやっぱり感謝して、笑って迎えたい。

私もときどき新月に願い事をリストにして書いていますが、ちょっと今までとは書くことが変わってきそうです。あまり先のことは考えすぎないほうがいいですけれどね。

ちなみに映画の中のリストで、私が一番ハートにキュンときたのは「世界で一番の美女にキスをする」という項目です。え?? もちろん涙しました^^。
[PR]
by lothian_y | 2008-06-01 20:26 | films,books,music