毎日を香り豊かにのんびりと…。


by lothian_y
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2005年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

素敵なメッセージ

a0043326_002532.jpgもうすぐ今年も終わりです。
先日,日本橋界隈で下町の年の瀬を味わってきました。
今日は近所のデパ地下で庶民の賑わいを楽しみ,お正月用の食材と大好きな水仙を買ってきました。玄関でとてもかぐわしい香りを放っています。


年末にとても素敵なメッセージをおすそわけです。

『新年の昇る初日の出に向かって「今年も良い年でありますように」と願うより、本当の幸せを手にできる人は、年末最後の沈む夕日に向かって、「今年もありがとうございました」と言える人だそうです。』

私は夕陽が大好きなので,このメッセージがとてもとても心に響きました。
そして明日は新月です。12月31日が新月なんて!
新月は12:12頃だそうです。それから8時間以内に祈ると願いがかなうのだそう。ですので,夕陽を見て感謝しながら,新月に願いをかけようと思います。

長年のおつきあいのかた,今年初めてお知り合いになったかた,多くのかたに支えられていることをひしひしと感じます。

どうぞよいお年をお迎えください。

今年もありがとうございました。
[PR]
by lothian_y | 2005-12-31 00:00 | others

聖夜の熾烈な戦い

今年のクリスマスは,今までの反動からか本当に静かにゆっくり過ごしました。ほとんどひきこもり・・・。

そんな私の状況とは裏腹にテレビではものすごい「女の戦い」が!!

フィギュアスケートです。日本の女子のフィギュアっていつのまにこんなにハイレベルになったのでしょう? 目が釘付けになってしまう。。。誰が勝ってもいいっ! 全員オリンピックに行かせてあげたい! と思うのは私だけではないはず。 どの選手も自分の力を出し切っているのがすごく伝わってきて,一人演技が終わるたびに涙ぐむ私・・・。涙腺の筋肉(ってあるの?)がなくなってしまったのではないかと思うほど。とても感動しました~。
トリノオリンピックでも力強い演技を見せていただきたいです!!!


☆☆☆

a0043326_21191711.jpg
a0043326_21221072.jpg
今週は焼肉やら焼き鳥やらお肉三昧だったので,わりとあっさりめだったクリスマスの食卓。
アボカドをサラダに入れようと思ったら,熟しすぎていたのでつぶしてドレッシングとレモンと混ぜ,きゅうりとルッコラに和えてみたら,なかなかいけました。

って私はやっぱり食べ物か・・・。
そんな私の長かった休暇も今日でおしまいです。
もっと休みたかった~。
[PR]
by lothian_y | 2005-12-25 21:26 | sports

プレゼント

a0043326_12253129.jpg
毎年恒例のクリスマスプレゼント。
それは私から姪,甥に贈るクリスマスブーツです。
それまでは絵本をあげたり,ちょっとしたものをあげたりしていたのですが,ある年のクリスマスにこれをあげたら,思いのほか大好評!で,以来ず~っと続いています。

きのうもお昼ごろ出掛けに電話がかかってきました。
(来た来た! と内心ほくそ笑む私)

「もしもし,おねぇちゃんっ!?」(姪)

二人とも自分たちと私の関係はもうよくわかっています。そう私が「オバ」だということを・・。
けれど,彼らの目には「おねぇちゃん」にしか見えないらしく,今でもそう呼んでくれています。



うそです(笑)。
ときどき「おねぇちゃん! ほんとはおばさんだけど。」とか憎たらしいことを言います。
まぁ,それはさておき

「ねぇ,どうして私がプーさん好きだってわかったの!? ○○(姪)ね,プーさんと水色が大好きなんだよね! ありがとうねっ!!  ちょっと待ってね。○○(甥)にかわるからね!・・・」

今年のクリスマスブーツは,くまのプーさんがついてる水色のブーツの形をしたバッグになっているものでした。いやぁ,毎年いろんなのが出てるのです。意外と面白い。

実は何よりもこの電話が私へのいちばんのクリスマスプレゼントだったりして・・・。




みなさまもよいクリスマスを!!
tanti auguri e buon natale!!
xoxo


買っちゃった!!!
[PR]
by lothian_y | 2005-12-24 12:27 | others

そして・・・


a0043326_22131896.jpg

                 ◇◇ 我が家のcandle night ◇◇
[PR]
by lothian_y | 2005-12-22 23:09 | the earth

クリスマスの前に


a0043326_12312737.jpg
いろいろ話が前後しますが,もうすぐクリスマス。
先日も六本木,恵比寿などに行ったのですが,本当にきれいにデコレーションされていて,街の雰囲気がとても違って見えて新鮮でした。。





ところで,『100万人のキャンドルナイト』ってご存知ですか?
2-3年前から毎年,冬至と夏至の日に行われるイベントです。
主旨をちょっと引用すると・・・

でんきを消してスローな夜を

私たちは100万人のキャンドルナイトを呼びかけます。
2005年の冬至の日、12月22日夜、8時から10時の2時間、
みんなでいっせいに電気をけしましょう。
ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を、
ある人は世界のいろいろな場所で生きる人びとのことを思いながら。

a0043326_12323490.jpgプラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。
それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、
文明のもっと大きな可能性を発見する
プロセスであると私たちは考えます。

一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、
ただ2時間、でんきを消すことで、
ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
地球上にひろげていきませんか。



今まで気になっていたけれどできなかったので,
今年は私も静かに参加してみようと思っています。
[PR]
by lothian_y | 2005-12-20 12:34 | the earth
a0043326_19464072.jpg
ハワイ島に到着当日に時差ぼけ防止のためもあり,Spaにトリートメントの予約を入れていました。受けたのはLa Stone Massage,温かい石と冷たい石を使って行うトリートメントです。私の個人的な見解ですが,このトリートメントはアリゾナが発祥ですがハワイ島は石のイメージが強く,まず受けるのはこれって思っていました。

Spaでチェックインを済ませ,着替えてからウェイティングルームで案内されるのを待ちます。ウェイティングルームには,ミネラルウォーター,ハーブウォーター,お茶などが用意されていて,Spaのガーデンが見渡せます。しばらくのんびりしていると,ひとりの女性がやってきました。
「あと3分待ってちょうだい。」とやさしく微笑む彼女がWennonaでした。
初めてトリートメントを受けるときは,やはりどんなセラピストなのかとても気になるところなのですが,私は彼女の第一印象でとても安心しました。おそらく50歳前後です。日本はまだまだこういったトリートメントの歴史が浅く,アロマセラピーで言えばいちばんベテランといわれる人たちでもまだ15年弱くらいの経験です。それ以前にエステティックの経験もあるかたもいらっしゃるので,もちろん一概には言えないのですが,ホリスティックという観点に絞るとそのくらいの歴史かと思われます。ですから,この年代のセラピストは少ないですし,20年-30年の経験を持ったセラピストが出てくるのももう少し先の話です。後で知ったのですが,ハワイ島はクライアントよりもセラピストのほうが数が多いのだそうです。ちなみに空港からホテルまで送迎してくれた運転手の奥様もセラピストで,旦那様より収入が多いそう! 彼の年齢から察するにやはり50歳前後でしょう。きっとセラピストの社会的地位が高いのですね。

ストーンマッサージは私もいずれは習得したいトリートメントのひとつですが,石のパワーをとても感じることができました。やさしくて力強いまさにハワイ島のようなマッサージです。そして,何よりも驚いたことはこのトリートメントの終盤で涙が出てきたということです。アロマでもそうですが,感情が解放されて今まで抑えていたものが出てくるということがあります。私も数人の方ですが,そういう場面に遭遇したことがありました。でも,自分自身がトリートメントを受けてそうなったことは今まで一度もなかったので,少し戸惑いを隠せませんでした。しかし,悲しいとかそういう涙ではなくて,何か温かく包まれるような安堵の涙でした。
初日にしてこの体験。これがマウナラニ・パワーなのかしら。。

それにしてもこのWennonaのトリートメントが素晴らしかったのです。最初に背中に手を置いてまるで私から何かを聞いているように体調を感じ取っているようでした。トリートメントの途中では,やっぱり何かを感じ取って,急に音楽を変えたり(これはびっくりしましたが,ここから私のリラックス度が高まっていったのは事実でした),「ここがトリートメントの重要なパートだからしっかり呼吸をして」と話しかけてきてくれたり・・・。うまく口では言い表せませんが,終了後にもう一度彼女のトリートメントを予約したと言えば,少しは想像がつくでしょうか。

実はここのSpaではセラピストの指名は受け付けないのだそう(パンフレットに書いてあったのに後で気づきました)。それなのに快く受けてくださいました。

そして帰る前日にWennonaが一番好きだという屋外でLomi Lomi Massageを受けました(上の写真)。聞こえるのは水のせせらぎと小鳥のさえずり。いろいろとアドバイスももらえ,何か自分がこれから「大丈夫だな」という安心感が生まれました。将来もし機会があればWennonaからトリートメントを勉強したいと勝手に思ってしまいました。
[PR]
by lothian_y | 2005-12-18 19:43 | ∟2005 Hawaii
a0043326_21443664.jpg
ハワイ島でのホテルライフは朝6時半の起床から始まりました。しばらくボーっとラナイ(ベランダ)に座っていると,お庭のレストランで朝食を準備する音が聞こえてきます。いや,もう召し上がっている方たちもいらっしゃるのですね。カトラリーのカチャカチャした音などが,リゾートの朝って感じです。ここで私もおなかをすかして朝食へって思いますでしょ? ここがいつもと違うところで,ウエアに着替えてお水を持って海へ向かいます。

ホテルでは何かしらアクティビティがあって,ここMauna Laniという地域は地球のパワーがすごく集まっているいわゆるパワースポットといわれている場所なので,ホテルもそれを意識したさまざまなプログラムを用意しているのです。そもそもだからこのホテルを選んだのですが。。そのひとつとして毎朝Seaside Yogaをやっています。滞在中は毎朝参加しました。

インストラクターはCalley。彼女のYogaは流れるような緩やかなスタイルでほとんど初心者といっていい私にはなじみやすかったです。彼女は私が日本で何をしているかなどいろいろと質問してくれて,私に合ったものをアレンジしてくれました。例えば,トリートメントとトリートメントの間に行う浄化するYoga。マットも何もいらないでできる簡単なものです。それからストレッチのようなもの,一日の終わりにできるようなものなど。
・・・・・・聞こえるのは波の音,小鳥のさえずり。それだけです。本当に気持ちがいい。風を感じて大きく息を吸い込むとハワイの魂を体に取り込んでいるよう・・・。来てよかったなぁと思えた瞬間です。

Calley は他にもStress Buster Vision Fitnessなるプログラムも担当していて,せっかくなので,全部参加してみました。Stressに関しては,どういうときにストレスを感じるか,それについての考え方,回避の仕方なども伝授してくれ,とにかく呼吸を深くということを徹底的に言っていました。考え方としては「今」が大切ということ。瞑想なども邪念がどうしても入ってしまい私はうまくできないのですが,それは「今」を感じていないから。先のことばかり考えてしまうから。
Power of Now・・・「今」の音,香り,空気,それだけを考えて呼吸をしなさいと教えてくれました。そしてしばらく瞑想。波に包まれているよう。波の音が私にはすごく合っていると再確認できました。

Vision Fitnessは視界を広げ,視力をよくしていくことに主眼がおかれています。目を動かすいわゆるフィットネスと後は栄養が大きく影響するのだそうです。これもいろいろとお話を聞いて,私がいま勉強し始めたホリスティック栄養学にとても関係していて,すべて納得できました。「まさにそうなのよ!」という感じ。ここでこんな出会いがあるとは! そして,プログラムの後にビーチで読もうと思って持っていた本をCalleyが見つけ,「あなたそれ読んでるの?! 著者はちょっとした知り合いなのよ!」ビックリ。環境に関する大学のテキストだったのですが・・・。Calley自身も環境や栄養のことなどとてもよく勉強していらして,そして勉強しているだけではなくちゃんと実践をしているとても素敵な方でした。彼女とはこれからも何かしらご縁がありそうです。

a0043326_21395243.jpg

                      ここでYogaをしました。
[PR]
by lothian_y | 2005-12-16 21:50 | ∟2005 Hawaii

New Open !!

先日,友人のイタリアンレストランがオープンしました~~~!!!

先週の土曜日に早速行ってきました。
食材から食器,インテリアなどなどすべてがこだわりの空間です。
どれもこれも本当に美味しいです。贔屓目なしです!

先ほどシェフより「真冬のメニュー」のお知らせをいただいたので,少しご紹介!

□ 夜の幕開け:スターターとして
*ポロねぎと里芋のトロッとしたスープ おとし卵のグラチネ
*スモークサーモンとじゃがいものピューレ ほろ苦いサラダと共に
*ポルチーニ茸とグアンチャーレのトリフォラーティ → これどんなんでしょうね?? 気になる。
*馬肉のカルパッチョ にんにくとガルムを効かせて
a0043326_17554896.jpg



□ パスタ!
*手延べ「タリアテッレ」粗挽き肉のラグーソース
*グラニャーノの「パッケリ」茄子と木の子をピエモンテの赤ワインビネガーで風味づけしたソースで
*シンプルに「スパゲッティ」トマトソース イタリア中部あたりのスタイルで
*もち豚トントロと九条ねぎの「ニョッキ」 ゴルゴンゾーラのクリーミーソース
a0043326_17572643.jpg



□ この時期いちばんおいしいと思う魚
*『あんこう』のロースト サラーメ入りシシリアンケーパーソース

□ 『肉』いろいろと
*煮込みなら 『仔牛』のオッソブーコ 香味野菜とレモンの香り
*グリルといえば 『子羊』のグリル フェンネル風味
*サッパリと 『牛ハラミ肉』のソテー 葉野菜をバルサミコであえて
*スペシャリテ 『シャラン鴨』のロティ ピスタチオ油を使って
a0043326_1758184.jpg



他におまかせコースもあります。


イタリア料理「ロマンティコ」
港区白金台5-14-8
タイニービル2F
03-3446-2484
[PR]
by lothian_y | 2005-12-15 18:10 | delicious

ちょっと買物??

私が滞在していたのはMauna Lani Resortのなかの一つのホテルでした。
このリゾートはホテルが2つ,コンドミニアムが数軒とリゾートハウスのようなもの(たくさん建設中でした)とゴルフ場。ショッピングセンターはありません。ひとつ建設中でした。ホテル内ですべて賄えるのですが,やっぱり庶民の生活を覗きたくてスーパーマーケットに行きたくなり,コンシェルジェに「近くにスーパーは?」と聞いてみると「ない!」と即答。ほんとにこの辺は生活するところではないのですね。。。がっかりした私の様子に「隣りのWaikoloa Resortまで行けば,スーパーではないけれどABC(ハワイのコンビニですかね)のような店ならあるよ」というわけで,タクシーで行くことに。

ここはKing's Shopといっていわゆる観光客向けのショッピングモール。
DFSあり,お土産物屋さんあり,レストラン,カフェあり。
まずは腹ごしらえ。
a0043326_14213665.jpgいくつかあるなかで選んだのはMerriman's Market Café。Waimeaに1号店Merriman'sがあります。地の野菜やお肉,お魚を使っていて定評があります。私が食べたのは,Angus Beef with Waimea tomato and Focaccia。要はハンバーガーです。日本では滅多に食べないのになんでアメリカってこういうの食べたくなってしまうんでしょうね。お肉はAngus認定なので,安心だし何よりおいしいです。日本のお肉のようにとろけるような柔らかさはないのですが,味が濃く歯ごたえもしっかりで噛み締めるごとに肉汁がお口のなかに広がります。付け合せのコールスローもおいしかった。実はこれ220g。苦しかったけれど,元来食べ物を残せない私は必死に完食!!! 一人旅の唯一の難点はごはんをシェアできないことです・・・。

a0043326_14225467.jpgその後,いくつかのお店を冷やかして,お水を大量購入。ホテルだと1ℓが$7も!!! 高すぎです。1日2ℓ近く飲む私にはつらい。こちらでは地元のお水が$2もしませんでした。

食事はもっぱらホテルのデリで調達→
一度サラダを買うと私には2食分でした。



ホテルの行き帰り。一切建物がありません。タクシーの運転手さんに尋ねたところ,この辺で働いている地元の人たちはほとんどがKailua Kona, Waimea, Waikoloa Villageに住んでいるのだそうです。
[PR]
by lothian_y | 2005-12-15 14:26 | ∟2005 Hawaii

天まで届け・・・

ハワイ島では,ほとんどホテル滞在でした。
周りにはな~んにもなく(ほんとにない!),あるのは海と溶岩だけ。
ちょっとした買い物もタクシーで往復$35もかけて隣の町に行かないとできないのです。観光したい場合レンタカーは必須です。(愚痴ではありません。そういう環境に望んで行ったのですから。)

けれども3日目にoptional tourに参加しました。
Mauna Kea山頂& Star gazing ツアーです。ハワイ島ではこれか火山の火口まで行って,溶岩が流れ出ている様子を見に行くツアーが有名です。どちらも捨てがたかったのですが,夕陽と星を観るほうに惹かれてこちらに。日本から予約していて,確認のメールにもとにかく寒いから防寒用の物を必ず持参するようにというコメントがしつこいくらいに書いてあったので,少々不安になりつつも昔スキーで使った耳あてを探し出し,靴下も登山用のを引っ張り出し(10年前に富士山に登ったときに買ったもの。もう捨てようかと思っていたのにまさかハワイ行きで活躍するとは),と準備万端で行きました。

参加者は私を入れて9名。ひとり参加は私だけだったので,助手席に(ラッキー)。マウナケア山は標高4,205m,四輪駆動車かつ許可を得ている車でないと山頂まで行けません。しかし,4,000mまで車で行けてしまうのがすごい!ホテルを出ると車はParker Ranchという牧場の中をひたすら進みます。この牧場,東京23区の1.5倍はあるそうで,その中に牛,馬,羊などがのんびりと生活しています。餌は天然の草のみ。ストレスなし。ハワイのお肉は安全です。というガイドをしてくださりながら運転をするのって大変でしょうね~。道はどんどん悪くなっていくし・・・。なので,一生懸命聞きました。

a0043326_7191463.jpga0043326_7192821.jpg











牧場を抜け,軍の演習場を抜けるとあたり一面の溶岩。ひとっこ一人いません。
手を触れると大地のエネルギーを強く感じ,体が温まっていきます。

一気に山頂まで行くと高山病になってしまうので,途中オニヅカビジターセンター(2,800m)で休憩を1時間。そしていよいよ山頂に向かいます。マウナケアはハワイ語で「白い山」という意味。ハワイ島にはもうひとつ4,000m級のマウナロアという山がありますがこれは「長い山」。ほんとうに稜線がどこまでも続いています。(写真左上に見える山の裾野がそうです)

a0043326_720629.jpg
2,800m地点でもかなりの眺め。
a0043326_7202569.jpg
山頂には多くの国の天体観測所があります。なんだかまるで宇宙ステーションに迷い込んでしまったよう。一番左が日本のすばる観測所。右奥に見える山はマウイ島。
a0043326_7203946.jpg
日の入りは17:45。気温は-5℃!!! ちなみに地上は日中は30℃くらい。
4,200mなので晴天率も95%くらいなのだそうです。
富士山で見たのは日の出。そしてここで夕陽を・・。素直に自然に感謝します。

a0043326_7212820.jpg
あまりに山頂は寒いので,またオニヅカまで降りてそこで天体観測です。もう,空からこぼれんばかりの星。ツアーでは天体望遠鏡を見させてくれます。スバルやアンドロメダ銀河,白鳥座,金星などなどを見ることができました。あまり天文は詳しくないのですが,それでも十分楽しめます。残念ながら星を撮影するのは私のカメラでは不可能でした。

a0043326_7214547.jpg
旅の目的のひとつは「壮大な自然に触れる」こと。
地球ってすごい・・・。心から平和を願いました。
[PR]
by lothian_y | 2005-12-13 07:24 | ∟2005 Hawaii