毎日を香り豊かにのんびりと…。


by lothian_y
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:films,books,music( 20 )

ただいま,My映画祭中(笑)。

やっと『かもめ食堂』を借りて観ました。ゆるゆるとした時間がたまらなくよくて,なんだかほのぼのしました。
なんかいい。
これは,何がどうのと説明するというより,もう感覚でいいわけなのです。思わず,コーヒーを淹れてしまいました。お料理の手際のよさも楽しくて,なんかいいのです。

そして,またその「ゆる感」を求めて,ひとりふらっと『めがね』も観に行きました。邦画を映画館で観るなんて,いったい何年ぶりなのだろうか・・・。
やっぱりなんかいい!
どちらが好きかというのは愚問であり,それぞれのよさが心にしみました。
共通して,主人公の素性がわかりません。どうしてフィンランドに来たのかとか,何の先生なのかとか・・・。でもそれがこちらの想像力をかきたてて,きっと人によってそれぞれのストーリーが生まれるのだろうな。

そして,大事なこと。
2本とも,ごはんがほんとうにおいしそう!
映画館でお腹がなってしまいました^^;

『かもめ食堂』を観たときに,とても懐かしい感覚がありました。でもそれが何か思い出せなかったのですが,『めがね』を観て,「あっ!」と浮かびました。そう,『バグダッド・カフェ』の感覚! それがわかったら,とてもHappyな気持ちになりました。


今の私はドラマティックはいらない。
何か単調でもゆるくても楽しいと思えることをして,日々過ごしていきたいと思うこのごろです。いろいろなことを削ぎ落としてシンプルになりたいです。
そんなことを改めて気づかせてくれた2本の映画でした。
[PR]
by lothian_y | 2007-10-09 20:16 | films,books,music

フラガール♪

ここのところのお籠りで,今まで観たいと思っていた映画をやっと観ることができました。しかもPCをテレビにつなぐという技を習得できたので(笑),これからはガンガン観たいと思います。まずひとつは『フラガール』。炭鉱の町の復興を描いた作品で実話なのですが,いやぁ,よかった。邦画はあまり今まで観なかったのですが,最近は観たいな!って思うものがけっこう邦画だったりします。

私の周りでもフラダンスを習っている人が何人かいるのですが,最近もひとり今月から始めたという話を聞いたばかりです。フラの踊りの振りにいろいろな意味が含まれていると知ったのは,ほんの数年前のこと。どうも子供のころに見たハワイアンセンターのCMの印象が強すぎて,あまり興味を持てなかったのです。でも,もちろんその当時から,ダンサーの人たちは意味をわかって踊っていたのですね。。。当然か・・・。フラダンスは素敵だけれど,たぶん私が踊ることはないなということだけはわかります。なぜだろう・・・。

と,話を映画に戻しますが,今回のテーマであろうこと。
「信じる心は人を変える」
これって素晴らしいことだなって思いました。どんなことがあっても信じられるということは,思いやりや強さ,やさしさ,すべてをひっくるめてでなければできないこと。今日,最終回だった朝ドラ「どんど晴れ」(なぜかこれにははまってしまった!)も同じように「信じる心」の大切さがテーマでした。何があっても笑顔を絶やさず・・・難しいことではないはず。信じてみましょう。

映画,ダンスシーンが圧巻!
そして,ジョーっと泣けました。
(私の評価はお気になさらないでくださいね,なんでも泣いちゃいますから・笑)

a0043326_0392839.jpg

[PR]
by lothian_y | 2007-09-29 22:33 | films,books,music

永久保存版

とても素敵な本をいただきました。
奇しくもどちらも料理本です。
最近,「ひょっとしたら,ずっと家にいて料理をするだけの生活でもいいかもしれない」って思うことがあります。ブログも食べ物ブログと化してきているし(笑)。スーパーウーマンの友人は,仕事も持ってきちんと家事もこなし(家でじゃがいも育てて,それでコロッケなんかをさくっと作っている),かつ3人の子育てをしています。彼女を見ていると,とても憧れるのですが,私には無理そうです。どれかにしぼらないとできない。そんな心を察するような料理本。あ~,これだけに没頭したいな・・・。と思えるほど素敵な本です。(注:私は料理は好きですが,決して手際がよかったりするわけではありません)

a0043326_1294816.jpg『あなたのために ~いのちを支えるスープ~』
スープの本です。さまざまな出汁(和風も洋風も)と素材の滋養をしっかりとからだに吸収するレシピ。作りたいものがたくさんです。私の尊敬する工藤公康投手の奥さんは,5人のお子さんをお持ちですが,朝寝坊して朝食を食べていけない子供たちに,出汁だけでも飲ませるそうです。まさにいのちを支えていますね。病気のときとかでもスープだけなら飲めるし,これさえ食べていれば逆に健康でいられると信じられる,スープってえらい!と見直せる本です。

a0043326_1312635.jpg『美人のレシピ』
こちらは,体からのサインを読み取って望診するマクロビオティックの考え方に基づいて書かれたものです。こんなときにはこんなものをとかなり具体的に書いてあり,料理本としても健康本としても読めます。辞書のようにも使えます。体のなかがきれいになっていくのが,読んでるだけで想像できて,すぐにも実践したくなります。

どちらも食べ物がからだをつくるということに着目している点で共通しているし,「さすがにわかっているなぁ,よく探してくるものだなぁ」と感心しました。なので,思わず紹介したくなりました。

special thanks to 京香さん&かくぞう。
[PR]
by lothian_y | 2007-07-26 22:26 | films,books,music

Pop! Goes My Heart

ゴールデンウィークも終盤ですね。
映画を観てまいりました。ラブコメディを一緒に観るならこの人,それはcherryちゃん。もういったい何本の映画を観に行ったことでしょう。そして,ラブコメディを演じたらこの人の右に出る人はおりますまい。ヒュー・グラント。もう,おわかりでしょうか。『ラブソングができるまで』を観てきたのです。(原題は『music and lyrics』。どうして日本語タイトルってこうベタなんでしょうっ・・・)

実はかなりのヒュー・グラント好きでして・・・。以前,確かもう役者業はやめにするとか言っていたかと思ったのですが,またこうしてスクリーンに戻ってきてくれて,本当によかった。

さて,映画の内容はストーリー的にはもう結末がすぐにわかってしまうようなものなのですが,相変わらずのヒューのダメ男ぶり(とよく言われますが全然ダメじゃないと思うのは私だけでしょうか??)と,ハッピーエンド・・・期待を裏切らない水戸黄門のような作りになっております(笑)。そして,80'sを愛していた世代(MTV世代ですな)の方々は台詞の端々に懐かしい名前がたくさん出てきて間違いなくクスッっと笑えます。ヒューが演じるアレックスは80年代のかつてのポップスターという設定。まるでWHAM!を彷彿させるデュオなのです。これも笑えるんだなぁ。その当時の歌(この記事のタイトル)も一度聴くと耳から離れない典型的80'sポップソング! そして主題歌の『Way Back Into Love』もメロディラインが80'sコテコテですが,これかなりよい曲です。もちろん,ヒュー・グラントが歌っております! 帰りにサントラを買ってしまいました! ヒュー・グラントが歌っています!(しつこいって?) まぁ,彼はやっぱり映像のほうがよいですけど,貴重な名盤になるかもしれませんから・・・。

というわけで,かなり私的には楽しさ満載の映画でした。老後の楽しみのDVDコレクションにまたひとつ加わることでしょう。ただ!欲を言えば,やっぱりヒュー・グラントはイギリスが似合う! ですので,ロンドンもしくはイギリスが舞台(これはニューヨークが舞台)でWorking Title Films 製作(フォーウェディング,ノッティングヒル,Love actually,about a boyなどの)だったら,もっとよかったのに・・・,と思います。もう少し,イギリスのウィットに富んだ感じやちょっとシニカルな感じがあれば星5つだったでしょう。

ところで,この映画,笑いだけでなくいくつかのシーンでホロッとくるところがありまして,ワタクシ涙してしまいました。が,cherryちゃんたら「え~っ!! どこに泣くところなんてあった~~??」なんて言うんですよ~。読みが浅いぞ~~(笑)。あのシーンだって,このシーンだって泣けたじゃないかっ! (ま,確かに私は人より涙腺が壊れてますよ~・・・)

で,お伺いします(笑)。
ご覧になった方で「私も泣いたよ!」(lothian派)または「え~!どこで泣くのか私も疑問!!」(cherry派) などなど feel free!! よろしければどうぞコメント残してくださいな♪
[PR]
by lothian_y | 2007-05-05 23:23 | films,books,music

『パフューム』

a0043326_381439.jpg

今日,久しぶりに映画を観てきました。この前観たのはなんだったのだろうか・・・。確か金城武主演の映画(タイトル完全に忘れました)の試写を去年1本観たくらいでした・・・。

今回は『パフューム』
3-4年ほど前に原作を読みました。アロマセラピー関連の雑誌に書評が載っていて,すぐに購入して読んだのですが,まあ,副題からして,ちょっと思っていたのとは違ったのです。私は調香師に憧れているので,その調香師が主人公というのでかなり期待をして読みましたが,奇想天外な展開な上に,描写があまりにリアルで,その匂いと臭いが浮かんできて・・・。なので,それが映像になるといったいどうなるのかと思って,観たい気持ち半分でした。が,友人が鑑賞券をゲットしてお誘いいただき,「だったら!」(笑)ということで,行ってきました。

映画はかなり原作に忠実。
目を背けたくなるシーンもあったものの,ただ,3-4年の月日は私を少なくとも成長させていた(?)ようで,かなり主人公の心理描写など,興味深く観ることができました。もしかしたら,ご覧になる方もいらっしゃるかもしれないので,詳細は省きますが,香りというのはその人のアイデンティティを主張することにとても重要な要素のひとつだと思いました。この主人公は人並みはずれた嗅覚を持っているのですが,自分の体臭がないのです。だからこそ,異常なくらいに香り,匂いに執着していく・・・。五感のうち,いちばん解明が不可思議な嗅覚。香りはいちはやく脳にダイレクトに届くことから鑑みても,とても神秘的です。そんなことを考えながら観ていたら,もう一度小説を読みたくなりました。たぶん,もう読むことはないかもって思っていたのですが。

アロマセラピーを少しでもかじったことのある方なら,調香のシーンでたくさんのエッセンシャルオイルの名前が出てくるので,なんとなく香りがイメージできて楽しいです。それから,いろいろな抽出法,特に香水の聖地,グラースでのアンフルラージュ(古くから行われている抽出法のひとつ)を観ることができたりするので,面白いと思います。

出演者など,まったくチェックをしていなかったのですが,ダスティン・ホフマンやアラン・リックマンも出ていて,もっともっと話題になってもいいのになぁ,という映画でした。
[PR]
by lothian_y | 2007-03-23 01:23 | films,books,music

東京パワースポット

a0043326_052421.jpg御嶽山に行ったのをきっかけに,少し神社のこととか知ってみたいと思ってこんな本を購入してみました。


『東京パワースポットガイド』
[PR]
by lothian_y | 2006-09-18 23:01 | films,books,music

心地よい音

80年代からずっと聴き続けているアーティストがいます。4年ぶりにアルバムを発表したので,ここのところずっと聴いています。昔から聴いている声って,どんなシーンでも邪魔にならずにしっくりきて落ち着いて安心します。以前はaztec cameraと言っていましたが,今はRoddy Frame。スコットランド・グラスゴー出身。いわゆるネオアコというジャンルに入ります。彼の紡ぐメロディのきれいなこともさながら歌詞がとても詩的です。英語がそこまでわかるわけではありませんが,わからないながらにもちょっとしたフレーズに今でも心がキュンとします。それでいてメッセージもしっかり伝えてくる。で,その言い回しを使ってみようなんて大それたことを考えたりしてもあまりに叙情的で使えない(笑)。

不思議なことに何気なく聴いていいなぁと思うアーティストは大抵,イギリスやアイルランド出身でした。だから,10代後半からイギリスに行きたいと強く憧れていたのかもしれません。

a0043326_0593554.jpgRoddyの今度の新譜はwestern skies
ジャケット写真を見るとやっぱり年取った~。けれど少年のような声は健在です。
夏の夕暮れに芝生に寝転んで聴きたいような,それとも冬に暖炉の前で(なんてないですが),ナイトキャップと共に聴きたいような,夜にドライブで聴きたいような,休日の昼間にこまごまと家のことをしながら・・・とあらゆるときにぴったりです。

9月に来日するようで,ライブに行きたい!
[PR]
by lothian_y | 2006-07-22 00:44 | films,books,music

休日の癒し

休日で,特に外出などしていないとき決まってすることがあります。
それは・・・

本屋さんに行くことです。しかも夕方に。

なぜかリラックスするのですよね。
本屋さん独特の香りとか,雰囲気とかがとても好きです。
いろいろな発見も多いし,たとえ旅行にいけなくても旅に出られてしまうし,適度な情報も得られるし。インターネットで調べることも容易だけれど,本屋さんのほうが思ってもいなかったことを知れたりするような気がします。まぁ,ほとんど目的もなく行くことが多いのですが,1週間行かないと落ち着きません。というわけで,今は大抵日曜の夕方に近所の本屋さんに散歩してから行くことが多いです。この時間はけっこう至福です。じっくりと考えたり,自分だけの時間という充実感があります。あとは,本屋さんによって得意分野があって,あの手の本ならこの本屋さんへとかそういうのを見つける楽しみもあります。

ところで,変な話,むかしっから本屋さんへ行くともよおすんですよね。リラクッスしている証拠ですかね。特に大きな本屋さんでその傾向が強いのです。なので,主要書店のトイレの場所に詳しいです(笑)。

ちなみに今日も行きました。
え? トイレではありませんよ,本屋です!

今日はヘッドマッサージ(←おすすめです!)を受けに行った後,寄りました。何か買うこともあれば,冷やかしだけのときもありますが,今日はこんなの買ってしまいました。

おひとりヴァカンス
a0043326_22354490.jpgかつて一人旅はさびしいとふと思ってしまって,それ以来していませんでしたが,昨年のハワイ島でそのよさを再認識し,ただいま一人旅熱再燃。週末を利用してどこか行きたい病再発。


ここのところ立て続けに買って読んだ本のご紹介です。
女神の魔法
a0043326_22361712.jpg


工藤公康 粗食は最強の体をつくる!―食事を変えれば、体が楽になる!強くなる!若くなる!
a0043326_22364798.jpg
工藤選手の食事は私のテーマです。詳しくは近いうちに番外編にでもUPします。
[PR]
by lothian_y | 2006-05-22 00:11 | films,books,music

音楽と記憶

職場では店舗によって有線を使っています。営業時間中はそれなりの音楽をかけていますが,その前と後には準備や後片付けがはかどるように適当なチャンネルをかけています。私のお気に入りはハワイのラジオ局のものとイギリスのvirginラジオのもの。ついでに英語のヒアリングにもなるし(?),なんとなくその土地を感じられる気がするからです。ところが,数日前スタッフの一人があるチャンネルを見つけました。それが,80年代のポップス! しかも洋楽と邦楽が交互にかかるのです。これは,はまります。この間など,帰る直前にかかったのが松田聖子の『天国のキッス』,もう全部聴くまで帰れません。その他,Culture Club, Madonna, Hole & Oats, 往年のヒットソング目白押しです。このチャンネルだけほしいっ! 懐かしい!

音楽というのは本当にその時代にタイムスリップさせてくれます。80年代,90年代前半は音楽なしでは生きられなかったころ。もちろん今もですが,情熱が違うのです。ドライブ用のテープを編集したり,旅行のテーマ音楽を編集して道連れにしたり。。今は,ipodとかあって信じられないくらい便利ですよね。それらのテープ探せばどこかにあるはず(前述の『ガラクタ捨てれば・・・』って本にはそういうものも捨てなきゃいけないと書いてある)。

a0043326_21423467.jpgこのところ,CMソングにもその頃のものを使っているものが多いです。時任三郎のビールのCMでは George Harrison の 『GOT MY MIND SET ON YOU』(Album 『Cloud Nine』)。 これは,20代前半にカナダに旅行に行ったとき,現地ガイドさんのジープで案内をしてもらっていたときに「今,カナダで流行っているアルバムだよ」とかけてくれました。もちろん,その旅行中にテープを購入したのはいうまでもありません。このアルバムはどの曲も秀作で,今も聴くと雄大な冬のロッキー山脈が目に浮かびます。それから中村獅童の車のCM。これはテレビで聴いた瞬間にいろいろな情景,感情が入り乱れました。20代後半にスコットランドにひとり留学(遊学?)していたときに流行っていた曲なのです。寒い中,なかなか来ないバスを待っていて心細くなったこと,友人のフラットに集まって各国自慢料理を作りあったこと,映画の安さにびっくりして(確か学生だと400円くらいで見れた),よく英語もわかりもしないのに時間さえあれば映画館に通ったこと,海が見たくて朝わざと遠回りのルートでバスに乗って学校に遅刻したこと,などなど,たくさんのことを一気に思い出しました。しかし,肝心の曲名がどうしても思い出せない! こうなるとわからないと気持ちが悪いので,当時買ってきた『NOW』(オムニバスアルバム)を調べたり,いろいろCDをチェックするけれども思い出せません。

あ~,なんでもっと早く気がつかなかったのかっ!

大阪に住むY子です。彼女はイギリスで最初に友達になった日本人の子で,まだ着いたばかりで誰一人友達がいなかったころ,ひとりでエジンバラの街を散策中に偶然会って,思いっきりこてこての関西弁で話しかけてきてくれたのです。音楽の趣味がほぼ一緒で,彼女なら知っているに違いありません。早速携帯にメールを・・・。待つこと1-2分。即答でした。さすが!!Simply Red 『Stars』です! そうですよ,忘れちゃいけない。。。
彼女もこのCM見ると血が騒ぐらしいです。わかるなぁ・・・。

他にもまだまだ記憶と繋がっている曲がたくさんあるはずです。
香りにも同じことが言えます。(一応アロマセラピストとして)
人間の五感は不思議ですね。いつもそれらを研ぎ澄ませて情感豊かな人でありたいです。
[PR]
by lothian_y | 2005-10-16 21:47 | films,books,music

3連休!

明日からほんとうにほんとうに久しぶりの3連休なんです!

はじめはちょっくら旅行にでも出ようかと思っていたのですが、
結局、なんだかんだと予定も入り、
昼はお掃除、夜は友人とおいしいもの食べに行くという
楽しい休日になりそう。

お掃除といっても、ちょっとがんばって大掃除をするつもりです。
以前、購入した『ガラクタ捨てれば自分が見える』という本では、
古いものを捨てると、そこに新しいものが入ってくるスペースができると言っています。
そりゃ、当たり前なのですが、それは物だけではなく、
人間関係であったり、仕事であったり、チャンスであったり、ということなのです。

本を買ったまま、実行していなかったのですが、
1ヵ月半後に会社を辞める今、まさにそのときが来たのかもしれない。。


ただ、要注意は私の場合、その古いものを
しみじみと懐かしんで、時間と手が止まることなんですよね~。。。

お掃除がはかどる音楽ってなんだろう。。。
やっぱりアップテンポですよね。
久しぶりにoasisでも聴こうかしら。。
なんだか楽しくなってきました!
[PR]
by lothian_y | 2005-10-03 00:07 | films,books,music