毎日を香り豊かにのんびりと…。


by lothian_y
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:∟2005 Hawaii( 6 )

a0043326_19464072.jpg
ハワイ島に到着当日に時差ぼけ防止のためもあり,Spaにトリートメントの予約を入れていました。受けたのはLa Stone Massage,温かい石と冷たい石を使って行うトリートメントです。私の個人的な見解ですが,このトリートメントはアリゾナが発祥ですがハワイ島は石のイメージが強く,まず受けるのはこれって思っていました。

Spaでチェックインを済ませ,着替えてからウェイティングルームで案内されるのを待ちます。ウェイティングルームには,ミネラルウォーター,ハーブウォーター,お茶などが用意されていて,Spaのガーデンが見渡せます。しばらくのんびりしていると,ひとりの女性がやってきました。
「あと3分待ってちょうだい。」とやさしく微笑む彼女がWennonaでした。
初めてトリートメントを受けるときは,やはりどんなセラピストなのかとても気になるところなのですが,私は彼女の第一印象でとても安心しました。おそらく50歳前後です。日本はまだまだこういったトリートメントの歴史が浅く,アロマセラピーで言えばいちばんベテランといわれる人たちでもまだ15年弱くらいの経験です。それ以前にエステティックの経験もあるかたもいらっしゃるので,もちろん一概には言えないのですが,ホリスティックという観点に絞るとそのくらいの歴史かと思われます。ですから,この年代のセラピストは少ないですし,20年-30年の経験を持ったセラピストが出てくるのももう少し先の話です。後で知ったのですが,ハワイ島はクライアントよりもセラピストのほうが数が多いのだそうです。ちなみに空港からホテルまで送迎してくれた運転手の奥様もセラピストで,旦那様より収入が多いそう! 彼の年齢から察するにやはり50歳前後でしょう。きっとセラピストの社会的地位が高いのですね。

ストーンマッサージは私もいずれは習得したいトリートメントのひとつですが,石のパワーをとても感じることができました。やさしくて力強いまさにハワイ島のようなマッサージです。そして,何よりも驚いたことはこのトリートメントの終盤で涙が出てきたということです。アロマでもそうですが,感情が解放されて今まで抑えていたものが出てくるということがあります。私も数人の方ですが,そういう場面に遭遇したことがありました。でも,自分自身がトリートメントを受けてそうなったことは今まで一度もなかったので,少し戸惑いを隠せませんでした。しかし,悲しいとかそういう涙ではなくて,何か温かく包まれるような安堵の涙でした。
初日にしてこの体験。これがマウナラニ・パワーなのかしら。。

それにしてもこのWennonaのトリートメントが素晴らしかったのです。最初に背中に手を置いてまるで私から何かを聞いているように体調を感じ取っているようでした。トリートメントの途中では,やっぱり何かを感じ取って,急に音楽を変えたり(これはびっくりしましたが,ここから私のリラックス度が高まっていったのは事実でした),「ここがトリートメントの重要なパートだからしっかり呼吸をして」と話しかけてきてくれたり・・・。うまく口では言い表せませんが,終了後にもう一度彼女のトリートメントを予約したと言えば,少しは想像がつくでしょうか。

実はここのSpaではセラピストの指名は受け付けないのだそう(パンフレットに書いてあったのに後で気づきました)。それなのに快く受けてくださいました。

そして帰る前日にWennonaが一番好きだという屋外でLomi Lomi Massageを受けました(上の写真)。聞こえるのは水のせせらぎと小鳥のさえずり。いろいろとアドバイスももらえ,何か自分がこれから「大丈夫だな」という安心感が生まれました。将来もし機会があればWennonaからトリートメントを勉強したいと勝手に思ってしまいました。
[PR]
by lothian_y | 2005-12-18 19:43 | ∟2005 Hawaii
a0043326_21443664.jpg
ハワイ島でのホテルライフは朝6時半の起床から始まりました。しばらくボーっとラナイ(ベランダ)に座っていると,お庭のレストランで朝食を準備する音が聞こえてきます。いや,もう召し上がっている方たちもいらっしゃるのですね。カトラリーのカチャカチャした音などが,リゾートの朝って感じです。ここで私もおなかをすかして朝食へって思いますでしょ? ここがいつもと違うところで,ウエアに着替えてお水を持って海へ向かいます。

ホテルでは何かしらアクティビティがあって,ここMauna Laniという地域は地球のパワーがすごく集まっているいわゆるパワースポットといわれている場所なので,ホテルもそれを意識したさまざまなプログラムを用意しているのです。そもそもだからこのホテルを選んだのですが。。そのひとつとして毎朝Seaside Yogaをやっています。滞在中は毎朝参加しました。

インストラクターはCalley。彼女のYogaは流れるような緩やかなスタイルでほとんど初心者といっていい私にはなじみやすかったです。彼女は私が日本で何をしているかなどいろいろと質問してくれて,私に合ったものをアレンジしてくれました。例えば,トリートメントとトリートメントの間に行う浄化するYoga。マットも何もいらないでできる簡単なものです。それからストレッチのようなもの,一日の終わりにできるようなものなど。
・・・・・・聞こえるのは波の音,小鳥のさえずり。それだけです。本当に気持ちがいい。風を感じて大きく息を吸い込むとハワイの魂を体に取り込んでいるよう・・・。来てよかったなぁと思えた瞬間です。

Calley は他にもStress Buster Vision Fitnessなるプログラムも担当していて,せっかくなので,全部参加してみました。Stressに関しては,どういうときにストレスを感じるか,それについての考え方,回避の仕方なども伝授してくれ,とにかく呼吸を深くということを徹底的に言っていました。考え方としては「今」が大切ということ。瞑想なども邪念がどうしても入ってしまい私はうまくできないのですが,それは「今」を感じていないから。先のことばかり考えてしまうから。
Power of Now・・・「今」の音,香り,空気,それだけを考えて呼吸をしなさいと教えてくれました。そしてしばらく瞑想。波に包まれているよう。波の音が私にはすごく合っていると再確認できました。

Vision Fitnessは視界を広げ,視力をよくしていくことに主眼がおかれています。目を動かすいわゆるフィットネスと後は栄養が大きく影響するのだそうです。これもいろいろとお話を聞いて,私がいま勉強し始めたホリスティック栄養学にとても関係していて,すべて納得できました。「まさにそうなのよ!」という感じ。ここでこんな出会いがあるとは! そして,プログラムの後にビーチで読もうと思って持っていた本をCalleyが見つけ,「あなたそれ読んでるの?! 著者はちょっとした知り合いなのよ!」ビックリ。環境に関する大学のテキストだったのですが・・・。Calley自身も環境や栄養のことなどとてもよく勉強していらして,そして勉強しているだけではなくちゃんと実践をしているとても素敵な方でした。彼女とはこれからも何かしらご縁がありそうです。

a0043326_21395243.jpg

                      ここでYogaをしました。
[PR]
by lothian_y | 2005-12-16 21:50 | ∟2005 Hawaii

ちょっと買物??

私が滞在していたのはMauna Lani Resortのなかの一つのホテルでした。
このリゾートはホテルが2つ,コンドミニアムが数軒とリゾートハウスのようなもの(たくさん建設中でした)とゴルフ場。ショッピングセンターはありません。ひとつ建設中でした。ホテル内ですべて賄えるのですが,やっぱり庶民の生活を覗きたくてスーパーマーケットに行きたくなり,コンシェルジェに「近くにスーパーは?」と聞いてみると「ない!」と即答。ほんとにこの辺は生活するところではないのですね。。。がっかりした私の様子に「隣りのWaikoloa Resortまで行けば,スーパーではないけれどABC(ハワイのコンビニですかね)のような店ならあるよ」というわけで,タクシーで行くことに。

ここはKing's Shopといっていわゆる観光客向けのショッピングモール。
DFSあり,お土産物屋さんあり,レストラン,カフェあり。
まずは腹ごしらえ。
a0043326_14213665.jpgいくつかあるなかで選んだのはMerriman's Market Café。Waimeaに1号店Merriman'sがあります。地の野菜やお肉,お魚を使っていて定評があります。私が食べたのは,Angus Beef with Waimea tomato and Focaccia。要はハンバーガーです。日本では滅多に食べないのになんでアメリカってこういうの食べたくなってしまうんでしょうね。お肉はAngus認定なので,安心だし何よりおいしいです。日本のお肉のようにとろけるような柔らかさはないのですが,味が濃く歯ごたえもしっかりで噛み締めるごとに肉汁がお口のなかに広がります。付け合せのコールスローもおいしかった。実はこれ220g。苦しかったけれど,元来食べ物を残せない私は必死に完食!!! 一人旅の唯一の難点はごはんをシェアできないことです・・・。

a0043326_14225467.jpgその後,いくつかのお店を冷やかして,お水を大量購入。ホテルだと1ℓが$7も!!! 高すぎです。1日2ℓ近く飲む私にはつらい。こちらでは地元のお水が$2もしませんでした。

食事はもっぱらホテルのデリで調達→
一度サラダを買うと私には2食分でした。



ホテルの行き帰り。一切建物がありません。タクシーの運転手さんに尋ねたところ,この辺で働いている地元の人たちはほとんどがKailua Kona, Waimea, Waikoloa Villageに住んでいるのだそうです。
[PR]
by lothian_y | 2005-12-15 14:26 | ∟2005 Hawaii

天まで届け・・・

ハワイ島では,ほとんどホテル滞在でした。
周りにはな~んにもなく(ほんとにない!),あるのは海と溶岩だけ。
ちょっとした買い物もタクシーで往復$35もかけて隣の町に行かないとできないのです。観光したい場合レンタカーは必須です。(愚痴ではありません。そういう環境に望んで行ったのですから。)

けれども3日目にoptional tourに参加しました。
Mauna Kea山頂& Star gazing ツアーです。ハワイ島ではこれか火山の火口まで行って,溶岩が流れ出ている様子を見に行くツアーが有名です。どちらも捨てがたかったのですが,夕陽と星を観るほうに惹かれてこちらに。日本から予約していて,確認のメールにもとにかく寒いから防寒用の物を必ず持参するようにというコメントがしつこいくらいに書いてあったので,少々不安になりつつも昔スキーで使った耳あてを探し出し,靴下も登山用のを引っ張り出し(10年前に富士山に登ったときに買ったもの。もう捨てようかと思っていたのにまさかハワイ行きで活躍するとは),と準備万端で行きました。

参加者は私を入れて9名。ひとり参加は私だけだったので,助手席に(ラッキー)。マウナケア山は標高4,205m,四輪駆動車かつ許可を得ている車でないと山頂まで行けません。しかし,4,000mまで車で行けてしまうのがすごい!ホテルを出ると車はParker Ranchという牧場の中をひたすら進みます。この牧場,東京23区の1.5倍はあるそうで,その中に牛,馬,羊などがのんびりと生活しています。餌は天然の草のみ。ストレスなし。ハワイのお肉は安全です。というガイドをしてくださりながら運転をするのって大変でしょうね~。道はどんどん悪くなっていくし・・・。なので,一生懸命聞きました。

a0043326_7191463.jpga0043326_7192821.jpg











牧場を抜け,軍の演習場を抜けるとあたり一面の溶岩。ひとっこ一人いません。
手を触れると大地のエネルギーを強く感じ,体が温まっていきます。

一気に山頂まで行くと高山病になってしまうので,途中オニヅカビジターセンター(2,800m)で休憩を1時間。そしていよいよ山頂に向かいます。マウナケアはハワイ語で「白い山」という意味。ハワイ島にはもうひとつ4,000m級のマウナロアという山がありますがこれは「長い山」。ほんとうに稜線がどこまでも続いています。(写真左上に見える山の裾野がそうです)

a0043326_720629.jpg
2,800m地点でもかなりの眺め。
a0043326_7202569.jpg
山頂には多くの国の天体観測所があります。なんだかまるで宇宙ステーションに迷い込んでしまったよう。一番左が日本のすばる観測所。右奥に見える山はマウイ島。
a0043326_7203946.jpg
日の入りは17:45。気温は-5℃!!! ちなみに地上は日中は30℃くらい。
4,200mなので晴天率も95%くらいなのだそうです。
富士山で見たのは日の出。そしてここで夕陽を・・。素直に自然に感謝します。

a0043326_7212820.jpg
あまりに山頂は寒いので,またオニヅカまで降りてそこで天体観測です。もう,空からこぼれんばかりの星。ツアーでは天体望遠鏡を見させてくれます。スバルやアンドロメダ銀河,白鳥座,金星などなどを見ることができました。あまり天文は詳しくないのですが,それでも十分楽しめます。残念ながら星を撮影するのは私のカメラでは不可能でした。

a0043326_7214547.jpg
旅の目的のひとつは「壮大な自然に触れる」こと。
地球ってすごい・・・。心から平和を願いました。
[PR]
by lothian_y | 2005-12-13 07:24 | ∟2005 Hawaii

Islands Hopping

a0043326_163054100.gif

ホノルルから国内線で隣島に行くときは左側窓際席に座るととても眺めがよいということを聞いていたので,ゲートを入ると一目散に席を取りました。席は自由席です。帰りはもちろん右側に。そうするとハワイ島までカウアイ島を除く他の島々を上空から楽しむことができます。

a0043326_1633393.jpg言わずと知れたオアフ島ワイキキ。右側がダイアモンドヘッドです。

a0043326_16453026.jpgモロカイ島。

a0043326_16393455.jpgラナイ島。

a0043326_16404784.jpgマウイ島。

a0043326_1765019.jpgカホオラヴェ島。後ろはマウイ島。どうしてこの島だけ赤茶けているのかというと,10年程前まで海軍の領有地として軍事演習場に40年もの間使われていたからだそうです。そのため,島の自然は崩壊してしまいました。ハワイ州に返還された今はボランティアや植物学者によって,生き返ろうとしています。


a0043326_1658057.jpgそろそろハワイ島に到着。

a0043326_16592481.jpg溶岩の海岸線に波が打ちつけられています。





フライト中ほとんど窓に張りついていた私・・・。まるで子供(笑)。




a0043326_171407.jpg迎えてくれたレイ。
[PR]
by lothian_y | 2005-12-09 17:09 | ∟2005 Hawaii

spiritual journey

a0043326_1033521.jpg

Big Island(ハワイ島)に1週間ひとり旅に行ってきました!!
今回は自分へのご褒美(また!?)と「心身を鍛え,浄化と研鑽する」がテーマで,単にゆっくりのんびり,リラックスというのを遥かに超えた旅になりました。

さて,どうしてBig Islandだったのか・・・。
ひとりで行くということは,何の制限もなく決められると思ったところから私の旅は始まっていました。この過程が楽しかったりするのですよね。日程,場所,ホテルなどなどすべて自分で決められるが故に1ヶ月前まで悩みまくりました。制限があるのは悲しいかな予算だけ。。。

ロンドン,エジンバラ,バンクーバー,シドニー,ヒーラーの聖地といわれるセドナ,ポルトガル,イタリアのテルメ,タイ,そしてカウアイ,オアフ,ハワイ島と候補がかなりあがっていて(それぞれの地に理由はあるのですが),最終的に絞られたのがタイとカウアイ島,ハワイ島でした。タイはちょっと今の気分ではないとまず消去。ハワイは以前,maggieちゃんの結婚式で行ってからそのhealing powerに魅せられて,ひとりで行くならオアフよりネイバーアイランドだなぁ,ということとカウアイ島はなんとなくですが,ちょっとさびしくなりそうな気がして,力強さを感じるハワイ島に行くことにしました。

夕べ遅くに帰宅して,まだ自分の中で消化できていないこともあり,少しずつアップしていくつもりですので,お楽しみに。
[PR]
by lothian_y | 2005-12-07 10:37 | ∟2005 Hawaii