毎日を香り豊かにのんびりと…。


by lothian_y
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:aromatherapy( 34 )

立冬を過ぎて

今日,アロマセラピーの学校の後,久しぶりに表参道を訪れてみると,もうすっかり街はクリスマスの彩りでした。今年は11月に入っても朝晩少し冷えはするものの,日中は暖かい陽気でなかなか実感がわきません。訪れたショップでももうクリスマスギフトのディスプレイがきれいに並べられていました。商戦なのはわかっていても,ついつい手にとって見てしまいます。年賀状も発売されたし,手帳やカレンダーも来年のものが目に付くようになり,今年も終わっていくんだなぁとしみじみ振り返ってしまいました(早いって!)。

アロマセラピストとしてさらにステップアップさせるための授業(半年コース)に参加しているのですが,今日のクラスではシダーファー(もみの木)がとりあげられました。ファーはまさにクリスマスツリーの香り。精油の香りを大きく吸い込むと「聖なる」とか「Holy」という言葉が自然と浮かんできます。まだ,私は持っていないのですが,とてもほしくなりました。シダーもいろいろな種類がありますが,個人的に好きなシダーウッドはマツ科のもの。今日はバージニア・シダーを勉強しましたが,こちらはヒノキ科。もっと土臭い香りがして,かなりお気に入りでした。授業の中で,先生がアメリカのヨセミテ国立公園での話をしてくださったのですが,もみの木とこのバージニア・シダーの香りに包まれるのだそうです。聞いただけでも霧が立ち込めた森と冬の冷たい空気のとても幻想的な情景がイメージされました。もうすぐにでも,このブレンドで自分の部屋に香りをたちこめたい気持ちでいっぱいです。今晩はとりあえず,マツ科のシダーウッドパイン,そしてヒノキ科のジュニパーベリーを焚いています。目を瞑って「今,私はヨセミテにいる」(行ったことありませんが)と思い込ませます。

“Easy tripのススメ”でした。
[PR]
by lothian_y | 2006-11-11 23:11 | aromatherapy

乾杯☆

数日前に金木犀の香りを感じました。もう,そんな季節。
そういえば去年もこんなことを書いたっけ・・・と思って,このブログを読み返してみると,なんと10月で1年になることに気がつきました! びっくり。この三日坊主の私がよく続いたものです,ほんと。でも,コメントいただいたりするとやっぱりとても嬉しくて,さりげなく頑張っていました(笑)。最近はずいぶんアップする回数も減ってしまいましたが,これからも細々と続けていきますので,どうぞよろしくお願いします。

奇しくも今日は美味しい物好き・お酒好きの方たちのお仲間に混ぜていただいて,コンラッド東京ホテルのシャンパンブランチに行ってまいりました。あ,またシャンパンの名前を忘れてしまいましたが,ブランチのコースにシャンパンが飲み放題という,かなりお得なコースです。写真はなしですが,まずは乾杯! アミューズのガズパッチョから始まってオニオンクリームスープ,サマートリュフのかかったスクランブルエッグ(ブランチなんで),兎のコンフィ,デザートは大好きなオペラ,そして楽しいおしゃべり・・・。実は今週はどこにもでかけないでかけられない夏休みでしたが,最後の日をこんな贅沢に過ごせたので,かなりよいお休みでした。

☆☆☆

ところで,興味のない方は飛ばしていただいてけっこうなのですが(笑),なぜ私がアロマセラピストになったのか・・・。最近,初心に返るのがテーマなので,まずそこをもう一度私自身思い返してみようかと思っているのですが,よくアロマセラピストの方たちにお話を伺うと,「ご自身の体を壊されて,アロマに出会い劇的に体調がよくなった」とか,「人にマッサージをするのが好きだから」とか,「病気や事故にあってアロマが精神的に助けてくれた」とかかっこいいのですが,私にはあまりドラマティックなお話するようなことはないのです。ただ,ひとつ言えることは香りが好き,ということ。ただ,それだけなのです。そもそも20代の頃は香水好きでというほど,コレクションはありませんでしたが,気に入ったものがあるとそれをつけると幸せな気持ちになったりとか,ヨーロッパを旅行したときに現地の人がつけていた香りがすごく素敵でひたすら同じ香りを探し求めたりということもありました。それから手首にちょこっとつけて寝るとよく眠れたり(顔がニコニコしているのがわかるくらい)・・・。今,思うとアロマセラピーの原点でしたね。アロマセラピーという療法を知ってからは,合成の香りが鼻につくようになってしまって,一時いわゆる香水からは離れたのですが,香水はひとつの芸術ですからやっぱり敬意を表します。

香りの療法というものを知った私はどんどんのめりこんでいってしまいました。最初は朝日カルチャーセンターの手づくりコスメみたいのから始まって,それがあれよあれよといううちに仕事になるまで・・・。昔の私を知る友人は,びっくりしていますが,私自身もびっくりです。今は,どっぷりアロマセラピーをしているわけではありませんが,いずれまたどっぷり浸かりたいと計画中です。好きなことを仕事にするということはなかなかできないことですが,できる環境があるのならするべきなのではないか,と離れてみてわかりました。そう思ったり決意をすると自然とその環境が生まれてくる気がします。

そんなわけで,今日はいろいろな意味で乾杯☆です。
[PR]
by lothian_y | 2006-10-01 23:47 | aromatherapy

ホーリーフ

a0043326_2040829.jpg

京都,平安神宮でホーリーフ(楠木)を見つけました。
[PR]
by lothian_y | 2006-08-06 20:40 | aromatherapy

手づくりスプレー

a0043326_21185798.jpgいつも夏に使うお気に入りのデオドラントスプレーがもう入手できないことを先日知って,ならば作ってしまおう! と今日は久しぶりにアロマセラピストらしきことをしました。

ウイッチヘーゼルウォーターに精油を入れる簡単なもの。これでアロマセラピストなんて胸を張っていえないけど(笑)。
レシピにはさらにグリセリンを入れると書いてありましたが,今回は入れませんでした。
精油はレモン,ライム,コリアンダー,パルマローザ,ラベンダー,グレープフルーツ,クローブ
さわやかです。

のんびりこんなことをしている時間は,やっぱりしあわせだと実感します・・・。

今日は誕生日。
年々,特別なことなんてしなくなってきますが,小さなことに感動できる心は見失わないようにしたいです。

a0043326_2120519.jpg今朝咲いたカレンデュラの花。去年,オーガニックの種をヴェレダでいただいて,2年連続たくましく咲いてくれました。上の写真は今日母が贈ってくれたチョコレートコスモスです。

そして・・・。
[PR]
by lothian_y | 2006-07-17 21:21 | aromatherapy

餞の香り

久しぶりの更新になってしまいました。
今日,スーパーに行ったら「お盆セット」が売られていました。あ~,そうですね。東京は新盆なので,もうすぐお盆です。あっという間に7月になってしまいました。ちなみに私はそろそろ誕生日を迎えます(笑)。ちょうど祇園祭の頃なので,いつか祇園祭に行ってみたいと思いつつウン十年,未だ行ったことがありませんが,機会があったら行ってみたいものです。。。

さて,ワールドカップも今日で決勝。意外な結果になりました。私の予想では決勝はブラジルVSドイツ(希望はイングランド)だったのですが,イタリアVSフランスも楽しめそうです。というわけで,今日スーパーではイタリアワインとパルメジャーノレッジャーノを購入。もちろん,Forza Italia! のためです! でも,きっと起きていられないし,早くも起きられないので,私の気持ちだけドイツに飛ばします。

そしてワールドカップを最後にピッチを去る選手たち。
そんな選手のために餞(はなむけ)の香りをブレンドしてみました。

ジダン選手・・・コリアンダー + パチュリー + ローズマリー

勇気づける,確信。そして,栄光の後にどん底を見て這い上がってきたイメージがあります。

ベッカム選手(代表主将引退ですが)・・・ラベンダー + ゼラニウム + オレンジ

イギリスのイメージ。イギリス人なんだから当たり前なんですけど。私のイギリスのイメージの香りがこれなので,どうしてもこうなっちゃう。他の選手でもこうなっちゃう?? いえ,ベッカム選手は凛々しいけどどこか儚げな印象があるので,優しい花の香りになってしまいました。

中田英寿選手・・・サイプレス + ベルガモット + フランキンセンス + レモン

実行能力とコントロール,多才さ,そして精神的高さのブレンド。でも彼はフラワーエッセンスのほうが表現しやすいような気がします。となると,やっぱりウォーターバイオレットやインパチェンスかしら・・。
[PR]
by lothian_y | 2006-07-09 23:25 | aromatherapy

やっぱりaromatherapy

a0043326_133565.jpg

昨日,会社帰りに小田急線沿線にある友人のサロンに寄りました。
友人のROMIはアロマの学校の同期でもう卒業してから5年は経っているのですが,今でもお茶したり食事したりなどしていますから,私の状況もだいたい把握してくれています。在学当時もケーススタディや練習も一緒にしていたので,安心して身を任せられます。

今回も予約時に「疲れてる,すごく。代謝は相変わらず悪し。激太り。コースはお任せ」と伝えておいただけ(え?多い?)。
到着して,まずフットバス。みかんの皮とレモンのエッセンシャルオイルを入れたお湯に足を入れると・・・・,あ~生き返る~。
ブレンドは,最近「木の香り」ばかりを選ぶ傾向があるので,違った香りがよいとリクエストしましたが,その気持ちどおりかいつも好きなローズウッドをかいだとき心にまったく響かなかったのが驚きでした。最終的にネロリラベンダーのブレンドになりました。これっていつもマタニティトリートメントのときに使っていたブレンド(私じゃないですよ,クライアントにですっ)なのですが,とても心温まってやさしく包んでくれるように感じました。やさしさに飢えてる??
私は体調から香りを選ぶより,精神面や直感で選ぶのが好きです。そのほうがより自分自身に響いてくれる気がします。

トリートメントは足元から始まって,凝り固まった筋肉をゆっくりしっかりほぐしてくれました。随所にホットストーンも使ってくれて,これがまた安心感をさらに与えてくれます。背中の辺りはまったく覚えていないほど爆睡。気づくと背面はもう終わっていました。前面になると次第に呼吸が深くなり,香りを大きく吸い込めるようになります。そして,その香りが脳を刺激し副交感神経を優位にさせ,また夢心地に。。

いろいろな自然療法がありますが,やっぱり私に一番合っているのはアロマセラピーです。単にリラックスするだけではなく,自然治癒力を高めてくれるのはもちろん,精神面にも香りを通して確かに働きかけてくれます。
そしてセラピストのホスピタリティとの相乗効果で自分を取り戻していけるのです。よく,アロマ=癒しと言われますが,それだけではないもっともっと深いものがあります。セラピスト自身も癒したいというよりも,相手が心身ともに健康になっていくためのあくまでも橋渡し役だと私は思います。

a0043326_1344729.jpg帰りがけ,ラベンダーの鉢をいただきました。ブレンドの香りと重なって感激。
ラベンダーは精油よりもハーブやフレッシュのほうが好きです。

どうもありがとう。>ROMIへ。
[PR]
by lothian_y | 2006-06-17 11:31 | aromatherapy

Geranium

a0043326_1634992.jpga0043326_16463886.jpg

初夏を迎えて,我が家のゼラニウムたちが我さきにと咲き始めました。

a0043326_16373858.jpgふつう精油に使われるのはローズゼラニウムと呼ばれるもの。花からではなく,葉から芳香成分を抽出します。葉を指先でちょっとこすって香りをかぐと,精油とまったく同じ香りがします。

a0043326_16401763.jpgところで,素朴な疑問が生まれました。
このローズゼラニウム,花弁が5枚。どれを見ても5枚。不思議・・・。精巧なつくりですよね。
[PR]
by lothian_y | 2006-05-03 16:39 | aromatherapy

京都の香り

ここのところ,和の香りづいていますが,先日京都へ行ったとき,街中を歩いているだけで,どこからともなくよい香りが漂ってきました。少し甘いやさしい香り。近くにお香屋さんがあるわけでもないのに,ふっと香ってきます。

どうしてもその香りが知りたくて,人形町の松栄堂に行ってきました。
さすが松栄堂ですね,いとも簡単にその香りを探し出すことができました。「二条」というお香です。スティックタイプを購入して,お部屋で焚いてみると・・・。まさに京都の街の香りです。やっぱりお香は純和風が好きです。何が使われているかというと白檀がベースということしかわからないのですが,就寝前にこれを焚いておくと深く眠ることができました。しばらくはまりそうです。
[PR]
by lothian_y | 2006-03-31 23:31 | aromatherapy

沈丁花と樟脳

今,家のすぐ近くにはたくさんの沈丁花が咲いています。
毎朝出掛ける時に大きく息を吸い込んで香りを楽しみながら出勤しています。先日もそんないい気分で出掛けたのですが,地下鉄,JRがトラブルで止まってしまい,なんと会社まで2時間もかかってしまいました。といってもふだんも1時間半近くかけて通っているのですが・・・。それにしても数分おきに走っている朝のラッシュは,少しのトラブルで地獄のラッシュに変わってしまいます。せっかくの朝のいい気分も台無し・・・。

いつもの経路を変えてやっとあと3駅というところで,ラッキーにも座ることができました。すると,ふっとよい香りが。隣に座っていたのは卒業式を迎えた袴姿の学生で,その着物から漂う樟脳の香りでした。樟脳といってもそんなにツーンとした香りではなく,なんだかその場を浄化してくれるような澄んだ香りがしました。すーっと気持ちが落ち着きました。

ラッシュのとき,特にこういうトラブルのときは疲れてしまうし,いらいらもしてしまいますが,最後にこの香りに助けてもらった感じです。やっぱりいつもエッセンシャルオイルを携帯しておこう,と改めて思いました。今ならホーリーフかな(樟脳と同じクスノキ科)。ホーリーフは賛否両論あるようですが,私は大好きな香りです。やっぱり落ち着く香りです。

そして疲れて帰宅してきても沈丁花の香りがやさしく迎えてくれています。

春は和の香りがいいですね。またまた食べる話ですが,桜餅ならぬ桜すしがすごくおいしかったです。しめたお魚を桜の葉で巻いて香りを移したお鮨です。ふきのとうやたらの芽,菜の花,春の食材も楽しみな季節です。
[PR]
by lothian_y | 2006-03-25 21:06 | aromatherapy
a0043326_23175311.jpg今日は雪がちらつきましたね。春までもう少しもう少しです。

香りのイメージ第2弾です。京香さん,citrus-cananngaさん,リクエストありがとうございます~。

では,早速
   高橋選手・・・パルマローザ+ネロリ+ベチバー

   織田選手・・・グレープフルーツ+シダーウッド+バーベナ

ブログから香りをお届けできないのが残念ですが,
高橋ブレンドは,甘みの中にもちょっと土くさいベチバーが深みを増してさらに彼の自信のついた姿を表現しています。
織田ブレンドは,素直さを強調して,清々しさを表現しています。
[PR]
by lothian_y | 2006-03-13 23:18 | aromatherapy