毎日を香り豊かにのんびりと…。


by lothian_y
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:mt. mitake( 15 )

a0043326_2132117.jpg

a0043326_21343212.jpg実は私たちが訪れた3日ほど前に山楽荘さんでは子犬が生まれたのだそうです。ず~っと見ていても飽きません。かわいい。私の好きな犬は柴犬とか。雑種も好き。日本的な顔をしたこんな犬たちが好きです。


a0043326_213759100.jpgところで,御嶽山へは電車で行く場合はJR青梅線の御嶽駅で下車し,そこからバスでケーブルの乗車駅まで行きます。ケーブルの駅ではお土産も買えます。切符も昔ながらに改札で切ってもらうのです。懐かしい切符切りの音。ケーブルを降りて改札を通り抜けると,あれ? 駅員さんがさっとレジのところにスタンバイしていて,お店の店員さんに早代わりしています。やっぱり東京ということを忘れてしまいます。人手不足というのは否めませんが,せわしない毎日,ラッシュ通勤の身にはふとしたこのようなエピソードが心を温めます。


とりあえず,今回の御嶽のお話はおしまい。
[PR]
by lothian_y | 2007-02-05 21:20 | mt. mitake

a0043326_21112555.jpg御嶽山でのお食事は次のとおりです。
1日目のお昼(かなり遅くなってしまいましたが)は蔵屋さんでお蕎麦とご自慢のお焼きを。お焼きというと信州の野沢菜やお味噌が入ったものを想像してしまいますが,ここでは粒餡の入ったもの。お抹茶と一緒にいただき,これがまた美味しい。山歩きで疲れて甘いものがほしくなったときに助けになります。

a0043326_21241132.jpg

a0043326_1432681.jpga0043326_147589.jpg

1日目の夜は山楽荘さんで。念願の山楽荘さんでの宿泊。宮司でもあるご主人の『医食同源』のモットーがあふれるお食事です。元気な野菜を食べれば,体も元気になる!ということで,土からつくってパワーのあるお野菜を提供してくださるのです。おなかいっぱい食べてもスッキリ! 体の中が洗われるようです。特に印象的だったのが柚子の皮の天麩羅! 皮がふんわりしていて,口いっぱいにゆずの香りが広がります。初めて食べました。この辺は柚子の産地としても知られています。それから川魚を蒸したもの。写真を撮り忘れましたが,なんともやさしいお味付けで骨まで柔らかく,頭から食べられてしまいます。どれも一口食すたびに「おいしい!」とつい言ってしまう体が喜ぶごはんでした。

a0043326_1572278.jpga0043326_156387.jpg
2日目の朝拝の後の朝食。薬膳粥をメインにこれまた数々の食材で心のこもったお膳です。

a0043326_223467.jpg帰りにはお土産の数々を。毎朝汲みに行く岩清水でコーヒーを入れてくださる千本屋さんでさしみこんにゃくを購入。

a0043326_262792.jpgこんにゃくいもから手づくりなのだそうです。山楽荘さんでもだしていただきましたが,さしみこんにゃくも御嶽名物。酢味噌ではなく生姜醤油とお葱で食べるのが御嶽流です。しかもとろけるようなこんにゃくで,今まで食べたことのない食感でした。いくらでも入ってしまいます。千本屋さんのおかみさんによると,きなこと黒蜜をかけてもよいそうで,確かに葛餅みたいでおいしいかも!

a0043326_21385.jpgそれからお蕎麦。無類の蕎麦好きの私としては(うどんも好きですが)はずせないお土産。蕎麦は冷たいのに限りますが,温かいとろろ蕎麦をつくってみました。


友人が梅酒を購入。地元青梅の造り酒屋で造られた地酒「澤乃井」を使った梅酒で,これかなり美味しいそうなので次回は必ず買うつもりです。

a0043326_2324356.jpg2日目は武蔵御嶽神社で御神籤も引き,ちなみに永小吉が出ました。宮司さん(なんとその日は山楽荘19代目がいらっしゃいました。ご主人の息子さんです。)に伺うと小さい幸せがずっと続くという意味なのだそうです。これは嬉しかったです。そして,節分前だったので,お豆も買って帰りました。

まだつづく。
[PR]
by lothian_y | 2007-02-04 20:59 | mt. mitake
a0043326_2393357.jpg

またまたまた,先週,御嶽山に行ってきました!
はい,この半年間で3回目です。今回は初めて宿泊しました。何がそこまでって思うでしょうが,これはおそらく実際に行ってみないとわからないかもしれません。一度行くと浄化され,元気になる! 原点に返れる! とてもシンプルなんです。

今回は町興しに携わる友人を中心に6人で行ってきました。仕事を兼ねている人もいて,なかなか普段の旅では知り得ないこともありました。
まず,静山荘という宿坊のご主人に山のお話を聞きました。もう,6人全員が真剣にかぶりつきでご主人のお話に引き込まれてしまいました。御嶽の歴史や滝行,断食,瞑想,そしてヒーリングについてまでお話は及び,山歩きの時間がなくなってしまうのではないかというくらい,盛り上がりました。

a0043326_23121531.jpg
a0043326_23152922.jpg
あわてて山へ(笑)。まず,武蔵御嶽神社に行き,本殿の裏にある多くの拝殿についてのお話を聞きました。ここでは富士山と東照宮との関係も質問できて,疑問もクリアに。富士山,東照宮だけでなく他にもあるのですが,それらのパワーを御嶽神社に集結して,それを江戸城に向けるように建立されたのだそうです。ですから神社本殿は皇居の方向を向いています。徳川家が関係しているので納得。
a0043326_23171597.jpg


歩きながらご主人は「強いエネルギー,やさしいエネルギー,静かなエネルギーなどを感じ取ってみなさい」と。わかったようなわからないような・・・。けれど,なんとなくここは心地よいとか落ち着くという感じでよいんだと思います。しばらく,みんなそれぞれがお気に入りの場所をみつけて深呼吸したり,じっとしたり・・・,空を仰いでみたり。

a0043326_23195172.jpg
御嶽神社奥の院というところがあります。これはかなり山を登っていかないといけないのですが,一番パワーが強いところみたいです。上の写真の右の三角の山の頂上が奥の院です。中央のまるみのある山の頂上が武蔵御嶽神社です。

a0043326_23233940.jpg9月に行ったときは途中でギブアップ。いつか行ってみたいです。

←こんな道を登っていくのです(9月撮影)。ちなみにご主人は30分で登れるそう。私は・・・倍かかるだろうな。


a0043326_23305937.jpgその後,天狗岩へ。一枚岩の大きな岩。近づくと,なにやら温かみを感じました。そばには真っ直ぐな杉の木。御嶽山て強くてやさしい! これが私のイメージです。ところで,もうこの時点で14時くらい。誰もおなかすいたって言わない・・・!? 何故か断食になっている(汗)。京香さんと私だけがおなかすいてました。


a0043326_23341246.jpg
そして,宿坊に戻り,クリスタルボウルヒーリングのさわりだけ体験させていただきました。クリスタルボウルに頭を向けて横になります。目を閉じて,呼吸を深くしてゆくと・・・。初めての感覚でした。なんかスゴイ!! うまく説明できないのですが,はじめは体の中に音が響いていて,それがいつしか深くなり,次第に音の中に自分が浮いているような不思議な感じになっていきました。次回はきちんと受けてみたいです。(えぇ,また行くと思いますよ)

お世話になった静山荘さんをあとにして,一行はお昼を食べに行きました。

つづく。
[PR]
by lothian_y | 2007-02-03 23:01 | mt. mitake
a0043326_18215480.jpg
先日,また奥多摩の御嶽山へ行ってきました。すっかりはまってしまっています。町興しに携わっている友人も行くたびに身体が軽くなって元気になると常日頃から言っているので,「make a decision」をした後のタイミングとしてはぴったり! と思って急遽お友達をお誘いしたのです。お天気もよくまさに山登り日和でした。御嶽山は行けば行くほど謎(?)が深まり,知識欲が出てきます。こういうときにもっと歴史を勉強しておけばよかった,って思うのですよね。

a0043326_18224758.jpg
まずは武蔵御嶽神社にてお参り。空気も澄んでいておいしくて本当に気持ちがよいです。平日だったので,参拝客も少なく,聞こえるのは私たちの歩く音だけ・・・。なので,私たちが立ち止まると「し~ん」ととても静かなのです。こんな静けさ,普段の生活ではありえませんね。残念ながら紅葉の季節はもう過ぎてしまいましたが,きれいな冬の空気と景色は満喫できました。

さて,ランチをという時間,事前に友人に教えてもらったお店は残念ながらお休みでした。どうしようかと思ったのですが,前回9月に行ったときに「今日はランチをしていないのよ」と別の食事処を教えてくださった素敵な宿坊を思い出し行ってみることに。実は今回も「うちは予約制だから」ということだったのですが,「お蕎麦くらいなら出せるかもしれませんよ」というご主人のご好意に甘えてあがらせていただきました。

a0043326_18242276.jpg

a0043326_18233646.jpg
大広間に入ると,なんとも言いがたい風情で思わず写真を取りまくりました。ふと見るとお部屋の一角に「困った人への寄付」を募っているコーナーがあり,そのお礼にということでご主人が書いたと思われる色紙がおいてありました。書かれている言葉と絵の温かさにほっこりしてしまったのですが,お名前を見ると聞き覚えのあるお名前。実は,小学校時代大好きだった校長先生が御嶽山のご出身だったということを以前に来たときに思い出していたのですが,気をつけて見るとその苗字のお家がこの辺はとても多いのです。お茶を持ってきてくださったお姉さんに聞くと「うちもそうなんですよ」という答え。何気なく校長先生のことを聞いてみましたが,「私は嫁なのでよくわからないのですが・・・。」それでもおかみさんにきいてくださったようで,すぐ戻っていらして「あの,それうちでした!」

まぁ,なんという偶然でしょう。というよりシンクロです。もし,教えてもらっていたお店がお休みでなかったら,間違いなくそちらへ行ったはずなのですから。きっと,導かれたのでしょうね。その宿坊は校長先生のご実家でご主人は甥ごさんにあたるとのこと,そして御嶽神社の宮司さんなのだそうです。おかみさんとご主人がとても懐かしく校長先生のお話をしてくださいました。私も小学校の頃の校長先生とのエピソード(もう自分の中では忘れ去られてしまっていたようなこと)を思い出したのですが,いったい何十年前のことだろうと,ちょっとぞっとしてしまいました(笑)。

a0043326_1827457.jpga0043326_1827136.jpgおかみさん手づくりのお食事もお蕎麦どころかさしみこんにゃくに煮物もついてとてもおいしく,かなりゆっくり過ごさせていただいたのに,さらに! ご祈祷もしてくださり,それぞれにあった言葉と絵を色紙に書いてくださいました。大感激です。町興しの友人に早速話をすると,さすがに知っていて,なんとこのご主人,食べ物は土から!と肥料もご自分で作り,お野菜はもちろん手づくりなのだそうです。そして介護予備軍の方たちにストレッチの指導をするなど,まさにホリスティック!そして毎朝6時半には朝の祈祷を行い,宿泊者全員に色紙を書いてくれるのだそうです。校長先生も卒業生のサイン帳に名前の一文字をとって墨で書いてくださったのですけれど,その温かい心を今もこの宿坊のご主人が引き継いでいるようで僭越ながらとても嬉しい気持ちになりました。

a0043326_1961168.jpgそんな温かい心の持ち主のご主人の宿坊は年内はもう予約でいっぱいだそうです。


寒い冬の温かい出会い。きっとこれからも御嶽山にまた行くだろうな,という確かなものがありました。偶然というのはなくすべて必然・・・。
[PR]
by lothian_y | 2006-12-13 19:08 | mt. mitake

御嶽山

a0043326_1972063.jpg


今月始めに御嶽山に行ってきました。
おそらく小学校の遠足以来。運動不足でもあるので,ちゃんと登れるか不安もあったのですが,行ってみると気持ちがいいし,森林パワーをたくさん吸収できてとても充実感がありました!


a0043326_19112117.jpga0043326_19105458.jpg

a0043326_1911361.jpgちょうどこの季節は(というかもう終わりなのですが)レンゲショウマという珍しい花の群生地があり約5万株が咲き誇ります。可憐なかわいい花ですね。


a0043326_19144167.jpgそして樹齢1000年という神代ケヤキ。1000年なんて・・・。言葉を失います。




a0043326_19162151.jpg今回の目的は山登りではなく,武蔵御嶽神社に行くことでした。友人のマナちゃんが誘ってくれたのですが,なかなか興味深い日帰り旅行でした。都内からだったら2時間くらいで行かれると思います。大勢のハイカーが訪れていて,中には山岳マラソンをしている人もいて,「こんにちは~!」と爽やかに走り抜けていきます(ありえない~~)。私たちといえば,ちょっと歩いては「ぜぇぜぇ~」と情けなく,でも自分たちのペースで楽しく登りました。

実はこの御嶽山,関東霊山といわれていて,いわゆるパワースポットなんだそう。知らなかった! 風水に詳しいマナちゃんによると,富士山や日光東照宮なども御嶽神社にはゆかりがあり,ここ御嶽山はそれらを中継しているようなのです。宮司さんにお願いして裏に入れてもらうと,いろいろな神殿がありそれぞれが違う方向を向いていて,まるで宇宙ステーションのように思えました。それが富士山や東照宮の方向を向いているのだそうです。私は古神道にはまったく詳しくないのですが,風水などを勉強するときっととてもおもしろいのでしょうね。その後もマナちゃんに明治神宮のこととか,皇居のこと,いろいろなパワースポットの話を聞きました。そもそも神社などはもともと磁場のよいところに建てられているらしいので,神社に行くとなぜか気持ちが澄んだり落ち着いたりということは気のせいではないのでしょうね。

a0043326_19171755.jpg

御嶽神社奥の院に行く途中にある大きな杉。60メートルもあるそう。その名も「天狗の腰掛杉」。ちょうど枝(枝も大木のよう)のところに天狗が座っていたらしい!?

a0043326_19203617.jpgこれはアグリモニー?

a0043326_19212394.jpgこれはチコリー?


久しぶりに大自然に触れてとても気持ちよい旅でした。こんなに手軽に行けるのならまた紅葉の時季にでも訪れてみたいです。他にも滝やロックガーデンなどもあり,次回にぜひ!
(注:翌日は筋肉痛→情けない)

さらに・・・。

a0043326_19284415.jpg御嶽神社にある花みくじを引きました。押し花が入っているかわいらしいおみくじ。
私が引いたのは紫のスターチス。
書いてあった歌が素敵だったのですが,引用すると

『雪にたえ 風を
   しのぎて 梅の花
世にめでらるゝ
       その香りかな』

これをよんで私はやっぱり香りの世界で生きていこうなんて勝手に思ってしまいました(笑)。

偶然にも別の友人が現在奥多摩の町興しに携わっていることを知りました。
東京の財産の奥多摩ですから,よろしかったらぜひ訪れてみてください。

秩父多摩甲斐国立公園 御岳山
[PR]
by lothian_y | 2006-09-18 19:30 | mt. mitake