「ほっ」と。キャンペーン

毎日を香り豊かにのんびりと…。


by lothian_y
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ:uk( 7 )

a0043326_859315.jpg

GW中はイギリスに行ってきました。

昨日帰ってきて、すぐ感化される私(笑)の今朝のごはん。

写真など整理しつつ、のんびりとアップしていくつもりです♪
[PR]
by lothian_y | 2009-05-09 08:59 | uk

afternoon tea.

a0043326_21275194.jpg

久しぶりにアフタヌーンティを楽しんできました。場所は帝国ホテル17階のアクア。暑い夏のひとときにたまにはこういうところで優雅に過ごすのもよいですね。(いつも東京の田舎にいるものとしては・・・)

今回は、イギリスでティセレモニー、テーブルコーディネイトなどを学んできたサロンのお客様にご一緒していただきました。トリートメントの期間中(半年間ブライダルコースを受けていただいていました)も英国話やハワイ話(泊まったホテルも一緒でした)などで盛り上がり、実際にアフタヌーンティをしながら教えていただくことになったのです。ちょっとしたマナーを知ってるのと知らないのではやっぱり違うので、いつかそういうのを知ってみたいと思っていたので、とても楽しみにこの日を待っていたのです。

a0043326_21312196.jpg一段目はサンドウィッチ。このときも食べかけたサンドウィッチをプレートに置く向きなどを教えていただきました。しかし、ラタトゥイユのサンドはちょっと噛み切れなくてきれいに食べられなかった私(汗)。
a0043326_21315444.jpg二段目はキッシュとスコーン。クロテッドクリームとジャムはどちらからぬるかとか、聞くとなるほど~と納得。
a0043326_213258100.jpg三段目はプティケーキ。
a0043326_21333627.jpgそして、紅茶の飲み方。個人的にはミルクを先に入れるのが好きなのですが、実際には卵と鶏のようにどちらが先かは未だに論争が繰り広げられているそうです。こちらではミルクと一緒にはちみつも添えられていましたが、甘くなりすぎそうだったので、使いませんでした。
a0043326_21353443.jpgカップの持ち方は、指を引っ掛けるのはNG。見てください。先生の美しい持ち方。ちょっと指がつりそうでちっとも美しく持てない私(汗汗)。


その他にも紅茶にまつわるお話やアフタヌーンティのときに相応しい話題とかいろいろ伺いました。お話を聞いていると、日本の茶道や和食のいただき方などにもきっと共通することもあり、そちらも知りたくなってきてしまいました。

楽しい時間はあっという間で、なんと3時間半もいてしまいました。

a0043326_2138267.jpg
a0043326_21382421.jpg
手づくりのポットウォーマーをいただきました! こういう感じ大好きなので、さすがわかっていらっしゃる!これは上から被せるのではなくて、中にティポットを入れるタイプ。帰ってから、お気に入りのウェッジウッドのティポット(イギリスに初めて行ったときに買ったもの)を入れてみたら、ぴったり! このまま持ち手を持ってお茶を注げます。とっても気に入ってしまいました^^。どうもありがとうございました。


今度アフタヌーンティに行くときは、もうちょっと優雅にいただけるよう練習です。 
[PR]
by lothian_y | 2008-08-03 21:45 | uk

イギリスかぶれ

a0043326_2152184.jpg

どうやらマイブーム(死語ですか?)が,イギリスにシフトチェンジされたもようです。
[PR]
by lothian_y | 2007-10-19 21:52 | uk

五感で旅する

a0043326_123764.jpg

突然,寒くなってきてセーターを出さなくてはと思っています。
ちょうどこの感じの気候は,いつもイギリスを恋しくさせます。スコットランドで買ったセーターの肌触りが懐かしい。
懐かしさに浸りたいときは,写真を見るのとご当地の食べ物を食べること。イギリスはスコーンかショートブレッド,TIPTREEのジャム,そしてやはり世界一(笑)のブレックファースト。ちょっとイギリス風の朝食です。もちろんミルクティで。

ちなみに音楽も浸れます。
すぐにイギリスに行ける音楽は私にとってFairground AttractionAztec Camera
どちらもグラスゴー出身です。

香りだったら?
断然,ブルーボトルのゼラニウム&オレンジシリーズです。

a0043326_12535719.jpg

生まれて初めてイギリスへ行ったときの写真を携帯で撮ってみました。
1989年のスコットランド,エジンバラ。
当初,1泊の予定だったのにこの街に一目惚れした私は,友達に頼み込んで延泊したっけ・・・。
[PR]
by lothian_y | 2007-10-17 12:12 | uk
怒涛の出張ラッシュだった11月がようやく終わり,ほっとしています。今月はもう出張はないので(ないはず),少し自分の時間を作ろうと思っています。と,先日近所の八百屋さんで紅玉を見つけました。一時,紅玉はあまりみかけなくなりましたが,最近はときどき見つけることができます。でも,昔のように「紅玉=安い」ではなくなってきましたね。

a0043326_2331163.jpgそして,思いっきり久しぶりに「アップル・クランブル」を作ってみました。これ,本当に簡単であっという間にできてしまいますからね。りんごも煮なくていいし! りんごをスライスして耐熱皿に並べてレモン汁を絞ってシナモンをふりかけて,その上にクランブル(薄力粉,三温糖,バターを合わせて,ぽろぽろにする)をのせて,オーブンで焼くだけです。焼き立てにバニラアイスクリームを添えればもう完璧です。

アップル・クランブルを生まれて初めて食べたのは,スコットランド留学中のときでしたから,かなりむか~しのことです。Land ladyのBettyが作ってくれて,そのとき作り方を教えてもらいました。りんごだけではなくいろいろな果物で代用できます。ルバーブ・クランブルも作ってくれましたね。ルバーブはBettyの家の庭の一角に家庭菜園のようなものがあって,そこで育てていました。かなり酸味が強いのでクランブルにはぴったりでした。日本ではフレッシュなものはなかなか手に入らないので,またいつか食べる機会があるといいのですが・・・。食物繊維もビタミンも豊富でおいしいのです。

このBettyは私の母と同い年でしたので,スコットランドのお母さんのようでした。日本に帰ってからも私からはよく手紙を書いたり,クリスマスカードを送ったりしたのですが,一向に返事が来たことはありませんでした(笑)。その後,友人たちと英国旅行をしたときに再会したのですが,「どうしてBettyは手紙をくれないの?」と聞くと,「私は手紙をもらうのは大好きだけど,書くのは大嫌いなのよ」。いやいや,一枚も二枚も上手でユーモアたっぷりでいつも私はだまされて(?)いました。

でも,たった一度だけ手紙をもらったことがあるのです。もうそれも10年以上前ですが・・・。それはSusanという娘さんを癌で失ったとき。留学していたその年,夏まではスコットランドのEdinburghにそして秋からはイングランドのWindsorという街に住んでいたのですが,クリスマスのときだけBettyが「帰っていらっしゃい」と言ってくれて,Edinburghに戻りました。そのとき,泊めてもらったのがSusanの家で,1週間くらい過ごさせてもらったので,私のことは記憶に残っていたのでしょうね。Susanの家にはシャワーがなくて,バスタブだけだったので『いったいどうやって髪を洗うんだ!』とかなり苦労したのをよく思い出します。実はアロマセラピーとの出会いもSusanがいたからこそ。ある寒い日に「○○○(私)にはこれだわ。」と言いながらバスタブにあるものを何種類か入れてくれたのですが,今思うとそれは精油だったのです。その後,ある友人から「お風呂に入れるといいんだって。」とお土産にもらったラヴェンダーを使ったときに一気にこのときのことがフラッシュバックされました。おそらくラヴェンダーはその中のひとつだったようです。確かに香りは好きでしたが,これがなければアロマにのめりこんでいなかったかもしれません。この記憶を甦させるという不思議さにも魅せられてしまったからです。というわけで,BettyとSusanには感謝をしてもしきれないくらいです。Bettyは今頃どうしているかしら・・・?

アップル・クランブルからずいぶん話がそれてしまいましたが,私にとってはアップル・クランブルひとつで語れる話がたくさんあります(笑)。

☆☆☆

さて,cherryちゃんからリクエストがあったスコットランドにいるような香り。これ,はっきり言ってとても難しいです。どうしても主観になってしまうのですが

ラヴェンダー + パイン + ジャスミン

ラヴェンダーは上記の理由で(ごめんなさい,100%私の都合です),パインはなんとなく冷たい空気のイメージで(スコッツパインというのもありますから),ジャスミンは水仙のイメージです。水仙の精油はあるようなのですが,あまりかいだことがないので,かぐわしい香りを選びました。
どうかしら~??


a0043326_23421613.jpgでは,一口。
ミルクティーは欠かせません。
[PR]
by lothian_y | 2006-12-02 23:43 | uk

Tea time

今日の東京は久しぶりの雨。
部屋にいても雨音が聞こえてくるほどなので,本格的に降っています。乾燥しきっていた空気だったので,ちょうどよかったですね。実はジョギングに行こうと思っていたのですが,走らない言い訳ができてしまいました(笑)。

イギリスモードになったり,ハワイモードになったりと忙しいのですが,こんな日は断然イギリスモードで紅茶でも飲みたいです。お気に入りのティカップ(実はカフェオレカップ。紅茶もいつもこの大きめカップで飲みます)でフレーバーティ(お土産でいただいたHarrodsのExotic tea)を。めったにフレーバーティは飲まないのですが,今日はそんな気分です。ショートブレッドがあれば完璧なのですが。

a0043326_1545743.jpg10年ほど前にStoke-on-Trent(ウェッジウッドなどの工場があるイギリスの陶器の町)で買ったカフェオレカップ。大切に使っています。その名もAZTEC!

a0043326_15454386.jpg2杯めはミルクティにしようかな。ミルクと紅茶どちらを先に入れますか? 私は断然ミルクを先に入れます。そのほうがおいしい(気がする)! ミルクは温めません。温めるとせっかくの紅茶の香りが損なわれてしまうのだそうです。
[PR]
by lothian_y | 2006-01-14 15:48 | uk

London Bus

a0043326_050188.jpg
つい2‐3日前に知ったのですが(遅いですね),ロンドンのダブルデッカー(2階建てバス)が廃止になっていたのですね・・・。観光用には残るようなのですが,市民の足としてのバスは12月9日をもって運行されなくなったのだそうです。


ロンドンにはもう10年以上行っていないし,どちらかというと地下鉄を使うことが多かったので,それほどお世話になったわけではないのですが,でもあの赤いダブルデッカーは街の象徴だし,すごく寂しいです。天気がいいときにヒースロー空港に着く直前,ロンドンの街並みがおもちゃのように見えてきて,もちろんバスが走っていて,「あぁ,ロンドンに来たんだなぁ」と思う瞬間が大好きだったので,今度はいつ行けるのかわかりませんが,それがないと思うとやっぱり寂しい・・・。

なんだかロンドンが恋しくなって『ノッティングヒルの恋人』 を見てしまいました。
この映画,ほんとロンドンですから・・・。

追記
[PR]
by lothian_y | 2006-01-09 00:51 | uk