毎日を香り豊かにのんびりと…。


by lothian_y
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

三が日

a0043326_21533250.jpg

毎日毎日とても天気の良い三が日でした。のんびりと寝正月・・・。お休み前ははあれもこれもしようと思っていたのに結局そんな感じです。

いつの頃からか三が日には必ず餃子を食べることが定番になり、今年も作りました。私の餃子は中の具を先に炒めてから包むというちょっと変り種なのです。にら、豚肉(オリジナルは合挽肉でしたが最近は豚)、ニンジン、玉ねぎ、にら、にんにくを炒めます。昔々、高知県出身の友人に教えてもらって以来ずっとこれ。高知県の定番なのか、友人の家のオリジナルなのかは不明のままなのですが・・・。我が家伝統の餃子はさっぱり風味。豚肉、葱、白菜、たけのこ、しいたけ、にらなど。お正月はいつもこの高知のが食べたいというリクエストが多いので、がんばります。今年は上手に焼けました! 熱々を食べたかったので、携帯で撮ったのですけれどぶれぶれですね~。これだけうまく焼けると(自画自賛)、なんだか縁起が良いです。年初からとても気分がいいです(単純)。

なんだかにんにくくさくなりながら、夜はNHKで『知るを楽しむこの人の世界』をまとめて放送していたので、一挙に観てしまいました。「瀬戸内寂聴 源氏物語の男君たち」3時間半です。いやぁ、引き込まれましたね。ストーリーはもうばっちりなのですが(『あさきゆめみし』でね)、この瀬戸内寂聴さんの解説がほんとうにわかりやすく素晴らしかった。これは架空の物語なのに、まるで登場人物すべてが実在していたかのように生き生きとそのパーソナリティまで描かれていました。匂宮などは高貴な香りを焚き染めてと言われていましたが、いったいどんな香りなのでしょうね~。にんにくくさい自分が雰囲気台無しなんですけど、でもこの源氏の時代にもにんにくってあったのだそうです。「帚木」の章に出てきます。実は源氏どころか万葉集にもにんにくが出ているらしいです。比較的、新しいものなのかと思っていたので、びっくりです。古代から、風邪の薬などとしても使われていたらしいです。

そういえば子供のころ、母がよくにんにくとゴマ、卵黄を炒って作っていたものがあるのですが、風邪を引くと飲まされていました。すごくよく効くのですが、作るときは強烈な匂いがします。いつしか作らなくなってしまいましたが・・・。確か祖母から言い伝えられたものと聞いています。

お正月早々、なんだか「くさい」話になってしまった挙句に何を言いたかったのかわからなくなってしまいました(笑)。てことで、今日はおしまいです。
[PR]
by lothian_y | 2009-01-04 21:53 | delicious