毎日を香り豊かにのんびりと…。


by lothian_y
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

月の御嶽(みたけ)へ

a0043326_22333619.jpg

「雨かぁ・・・」
なんとか持ち越してほしいと思ったものの,天気予報どおり。家を出るときは,傘をさすほどではありませんでしたが,青梅を越えた辺りからどんどんと雨脚は強くなって,御嶽駅に着いたときは,雷も鳴り豪雨。泣きたくなる天気でした。

今回,満月に合わせて「御嶽山ムーンライトブレイクツアー」を企画しました。参加者は総勢11名。みんなセラピストです。悪天候にもかかわらず,みなさん元気いっぱいに集まってくださり,バスとケーブルに乗り継いでいざ山頂へ。乗り物は貸切状態。参加者の約半分のメンバーは滝行を体験する予定でしたが,この雨でどうなることやら・・・。それでも,誰もやめたいと言ってませんでしたね。さすがです!
a0043326_22371249.jpg山香荘にて昼食をとるころにはだいぶ雨も小降りになってきました。滝行組はお蕎麦とさしみこんにゃく,私たちは天麩羅ご膳をいただきました。(私たち? はい,私は滝行はしませんでした。ちょっぴり勇気がありませんで・笑)

昼食後,神社まで登って,宮司さんから武蔵御嶽神社についてのお話を伺いました。いわれや裏話,歴史,建築様式などなど本当におもしろかった! 途中,滝行組は時間となり,滝へ。いってらっしゃい,頑張って!
a0043326_22392728.jpg居残り組は,もう少しお話を聞いて,その後お茶をしに参道にある千本屋さんへ。新メニューのこんにゃくの黒蜜きなこがけをたのみましたが,これがおいしい!個人的には生姜醤油で食べるより好きかもしれません。お土産を買って帰って,家でもやってみました。言われなければこんにゃくとわかりません。ヘルシーだし,御嶽のこんにゃくでないとできないだろうな。これは食べた人にしかわからないと思うのですが,食感が本当にとろけるようなのです。

その後,それぞれ宿へ。
今回は,静山荘御岳山荘原島荘に分宿しました。私は原島荘。ここで友人と合流しました。原島荘は玄関を入るとまず磨きこまれた床が目に付きます。スリッパはなく,そのまま歩けるほどきれいで清潔感あふれています。夕食前にお風呂へ。お風呂は檜風呂。湯船にからだを沈めると,さすがに雨で冷えていたのか,思わず「あ~気持ちいい!」と声に出してしまいました。

a0043326_2245245.jpgそして,待ちに待った夕食。この後,もっともっといろいろと出てくるのですが,食べるのと話すのに夢中で撮り忘れてしまいました。御嶽山に来て思うことはどこの宿坊も本当に心をこめてお食事を作ってくださっていること。そして,さりげなくそれぞれの宿坊の特徴が出ています。これだけのお料理で1泊2食,8,400円です。こちらのお箸入れには女将さん手づくりの姉さん人形がついています。こんなさりげない心遣いに胸打たれます。あまりにきれいなので,いただいて帰りました。

夕食後は静山荘に集まり,瞑想と笙演奏,クリスタルボウルヒーリング(静山荘以外に宿泊の場合は2,000円で参加できます)。15名ほど集まっていました。これを受けたのは2回目なのですが,前回とは感じ方が全然違っていました。初めてのときはからだがポカポカと温まっていき,エネルギーが満ちていく感じでしたが,今回はからだから邪気が出て行ったのか,すーっと寒くなるようでした。でも,気がついたら口を開けて寝ていました(笑)。終わってからは少しボーっとなりつつありましたが,この後,今回のメインイベント,神社境内での月光浴&雅楽演奏があるので,また頑張って山頂へ向かいました。ところで,このときに滝行を終えたみんなに会ったのですが,全員顔がすっきり!禊いだのでしょうか!? みんなの顔を見て,今度チャレンジしてみようかなとチラッと思いました。チラッとです(笑)。

境内での雅楽演奏は,本当は月が見えていたらきっともっと素敵だったのには違いないのですが,もちろん月が顔を見せなくても満月のパワーはしっかりと降り注いでいますし,参加した皆さんもその辺のところはわかっている方たちばかりだったので,心配はいりませんでした。神社拝殿に通してくださり,私たちは正面を向き,その横で3人の宮司さんが雅楽を演奏してくださいました。まさに雅楽とは雅やかな音がするんだなと初めて思いました。外は霧,とても幻想的でした。他の宿泊者の方も参加してくださっていて,20名くらいで厳かな時間を共有しました。参加者の一人の方が3歳の息子さんを連れてきていたのですが(←もう,山もちゃんと登れるのです。大人でもつらいのに泣き言ひとつ言わないのにはびっくりしました),心地よかったのか終わったときにはぐっすりと眠っていました。宿に戻ったとたんにまた大雨。もう,こうなったらとことん流しておくれ・・・。禊の雨じゃ。
[PR]
by lothian_y | 2007-08-02 22:13 | mt. mitake