毎日を香り豊かにのんびりと…。


by lothian_y
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ポルトガルへの憧憬

a0043326_23481233.jpg

先週,バースデーディナーを開いていただきました。メンバーはいつものcherry,かくぞう,むらまるのエンジェル(笑)たち。みしぇるはあいにくお仕事で参加できなかったので(本当に残念),4人で行ってまいりました。バースデーガール(もうガールじゃないか・・・)のリクエストを聞いてもらえるので,いくつかリクエストを出したなかの第一希望のお店に予約を入れてくれました。

ポルトガル料理のお店です。
ポルトガルはず~~っと憧れていて,いつか行ってみたいと思っているのですが未踏の地。一時は本気でポルトガル語を習おうと思っていたほどなのです。なぜなんだろう? そして本棚には『地球の歩き方 ポルトガル '94~'95』があり,ずっと日の目を見ず,かつ捨てられないまま。いつか「その時」が来るのでしょう。

ポルトガル料理をはじめて食べたのはこれまた10年前に香港へ行ったときについでにマカオに行ったときでした。ラテン系がどこかに入っている私は(笑),まだ中国に返還されていなかったマカオの不思議な南ヨーロッパの香り残す雰囲気に魅了されました。なんともいえない郷愁があって,それまで訪れたことがないのに懐かしい。もう絶対にあなたポルトガルの人でしょうっていう女性が広東語をペラペラと話していたり,うま~くミックスされている感じ。一緒に行ったのはcherry&タカでしたが,このメンバーは食に貪欲なので,ここで初めて食べたポルトガル料理に本当に舌鼓を打ちました。鰯の炭火焼をはじめとした魚料理,肉料理もおいしく,お米(特に炊き込みご飯がおいしかった!)や豆など日本人にもなじみのある食材で,それほど期待していなかった分,余計に感激したものです。

a0043326_23523983.jpgそれ以来,食べていなかったのですが,突然むしょうに食べたくなり,前から気になっていた四ツ谷にあるManuelへ。天井が高くてとても気持ちのよい空間。ポルトガルワインも豊富で,どれを頼んだらよいのかさっぱりわかりませんでしたが,お店の人もとても親切に説明してくれたので,おいしいワインも飲めました。食前酒もポルトガルで親しまれているものがたくさんあります。
↑いただいたワイン(空です)。

ではでは,お料理の数々を・・・。
a0043326_23495733.jpg定番の鱈のコロッケ。この前にも前菜でつぶ貝のサラダやお豆のサラダを。
a0043326_23554124.jpgポルトガルのもつ煮。とてもやさしい味。風邪引いたときとかにもよさそうです。
a0043326_23561751.jpgえびとお豆の煮込み。どれもこれもパクチーがアクセントできいているのです。ヨーロッパのお料理でパクチーは珍しいですよね。
a0043326_23583321.jpgこれはなんというのでしたっけ。ピンチョスのように楊枝で食べるのですが,一度食べたらとまりません。お酒もすすむ~~!
a0043326_118599.jpgメイン。豚肉とあさりの炒め物。
a0043326_23595441.jpgしめのたこご飯。たこのリゾットのようなもの。マカオで食べたときはスープがこんなになくて,炊き込みご飯のようでしたが,これもおいしかった。
a0043326_091859.jpgデザート各種。どれもこれも素朴な味わい。カステラの元祖も。考えてみればカステラも金平糖もみんなポルトガルから来たものですね。食器もいちいちかわいいのです。
a0043326_0115329.jpgブーケ。どうもありがとう♪

本当に堪能したなぁ。楽しいおしゃべりとおいしいごはんはいつも元気の源です!
ここは我らの食べ処リストに確実にのりました。
[PR]
by lothian_y | 2007-07-25 23:40 | delicious