毎日を香り豊かにのんびりと…。


by lothian_y
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

Pop! Goes My Heart

ゴールデンウィークも終盤ですね。
映画を観てまいりました。ラブコメディを一緒に観るならこの人,それはcherryちゃん。もういったい何本の映画を観に行ったことでしょう。そして,ラブコメディを演じたらこの人の右に出る人はおりますまい。ヒュー・グラント。もう,おわかりでしょうか。『ラブソングができるまで』を観てきたのです。(原題は『music and lyrics』。どうして日本語タイトルってこうベタなんでしょうっ・・・)

実はかなりのヒュー・グラント好きでして・・・。以前,確かもう役者業はやめにするとか言っていたかと思ったのですが,またこうしてスクリーンに戻ってきてくれて,本当によかった。

さて,映画の内容はストーリー的にはもう結末がすぐにわかってしまうようなものなのですが,相変わらずのヒューのダメ男ぶり(とよく言われますが全然ダメじゃないと思うのは私だけでしょうか??)と,ハッピーエンド・・・期待を裏切らない水戸黄門のような作りになっております(笑)。そして,80'sを愛していた世代(MTV世代ですな)の方々は台詞の端々に懐かしい名前がたくさん出てきて間違いなくクスッっと笑えます。ヒューが演じるアレックスは80年代のかつてのポップスターという設定。まるでWHAM!を彷彿させるデュオなのです。これも笑えるんだなぁ。その当時の歌(この記事のタイトル)も一度聴くと耳から離れない典型的80'sポップソング! そして主題歌の『Way Back Into Love』もメロディラインが80'sコテコテですが,これかなりよい曲です。もちろん,ヒュー・グラントが歌っております! 帰りにサントラを買ってしまいました! ヒュー・グラントが歌っています!(しつこいって?) まぁ,彼はやっぱり映像のほうがよいですけど,貴重な名盤になるかもしれませんから・・・。

というわけで,かなり私的には楽しさ満載の映画でした。老後の楽しみのDVDコレクションにまたひとつ加わることでしょう。ただ!欲を言えば,やっぱりヒュー・グラントはイギリスが似合う! ですので,ロンドンもしくはイギリスが舞台(これはニューヨークが舞台)でWorking Title Films 製作(フォーウェディング,ノッティングヒル,Love actually,about a boyなどの)だったら,もっとよかったのに・・・,と思います。もう少し,イギリスのウィットに富んだ感じやちょっとシニカルな感じがあれば星5つだったでしょう。

ところで,この映画,笑いだけでなくいくつかのシーンでホロッとくるところがありまして,ワタクシ涙してしまいました。が,cherryちゃんたら「え~っ!! どこに泣くところなんてあった~~??」なんて言うんですよ~。読みが浅いぞ~~(笑)。あのシーンだって,このシーンだって泣けたじゃないかっ! (ま,確かに私は人より涙腺が壊れてますよ~・・・)

で,お伺いします(笑)。
ご覧になった方で「私も泣いたよ!」(lothian派)または「え~!どこで泣くのか私も疑問!!」(cherry派) などなど feel free!! よろしければどうぞコメント残してくださいな♪
[PR]
by lothian_y | 2007-05-05 23:23 | films,books,music