毎日を香り豊かにのんびりと…。


by lothian_y
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

山のごちそう ~御嶽山 healing tour 2~


a0043326_21112555.jpg御嶽山でのお食事は次のとおりです。
1日目のお昼(かなり遅くなってしまいましたが)は蔵屋さんでお蕎麦とご自慢のお焼きを。お焼きというと信州の野沢菜やお味噌が入ったものを想像してしまいますが,ここでは粒餡の入ったもの。お抹茶と一緒にいただき,これがまた美味しい。山歩きで疲れて甘いものがほしくなったときに助けになります。

a0043326_21241132.jpg

a0043326_1432681.jpga0043326_147589.jpg

1日目の夜は山楽荘さんで。念願の山楽荘さんでの宿泊。宮司でもあるご主人の『医食同源』のモットーがあふれるお食事です。元気な野菜を食べれば,体も元気になる!ということで,土からつくってパワーのあるお野菜を提供してくださるのです。おなかいっぱい食べてもスッキリ! 体の中が洗われるようです。特に印象的だったのが柚子の皮の天麩羅! 皮がふんわりしていて,口いっぱいにゆずの香りが広がります。初めて食べました。この辺は柚子の産地としても知られています。それから川魚を蒸したもの。写真を撮り忘れましたが,なんともやさしいお味付けで骨まで柔らかく,頭から食べられてしまいます。どれも一口食すたびに「おいしい!」とつい言ってしまう体が喜ぶごはんでした。

a0043326_1572278.jpga0043326_156387.jpg
2日目の朝拝の後の朝食。薬膳粥をメインにこれまた数々の食材で心のこもったお膳です。

a0043326_223467.jpg帰りにはお土産の数々を。毎朝汲みに行く岩清水でコーヒーを入れてくださる千本屋さんでさしみこんにゃくを購入。

a0043326_262792.jpgこんにゃくいもから手づくりなのだそうです。山楽荘さんでもだしていただきましたが,さしみこんにゃくも御嶽名物。酢味噌ではなく生姜醤油とお葱で食べるのが御嶽流です。しかもとろけるようなこんにゃくで,今まで食べたことのない食感でした。いくらでも入ってしまいます。千本屋さんのおかみさんによると,きなこと黒蜜をかけてもよいそうで,確かに葛餅みたいでおいしいかも!

a0043326_21385.jpgそれからお蕎麦。無類の蕎麦好きの私としては(うどんも好きですが)はずせないお土産。蕎麦は冷たいのに限りますが,温かいとろろ蕎麦をつくってみました。


友人が梅酒を購入。地元青梅の造り酒屋で造られた地酒「澤乃井」を使った梅酒で,これかなり美味しいそうなので次回は必ず買うつもりです。

a0043326_2324356.jpg2日目は武蔵御嶽神社で御神籤も引き,ちなみに永小吉が出ました。宮司さん(なんとその日は山楽荘19代目がいらっしゃいました。ご主人の息子さんです。)に伺うと小さい幸せがずっと続くという意味なのだそうです。これは嬉しかったです。そして,節分前だったので,お豆も買って帰りました。

まだつづく。
[PR]
by lothian_y | 2007-02-04 20:59 | mt. mitake