毎日を香り豊かにのんびりと…。


by lothian_y
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

不思議なご縁 ~冬の御嶽山へ~

a0043326_18215480.jpg
先日,また奥多摩の御嶽山へ行ってきました。すっかりはまってしまっています。町興しに携わっている友人も行くたびに身体が軽くなって元気になると常日頃から言っているので,「make a decision」をした後のタイミングとしてはぴったり! と思って急遽お友達をお誘いしたのです。お天気もよくまさに山登り日和でした。御嶽山は行けば行くほど謎(?)が深まり,知識欲が出てきます。こういうときにもっと歴史を勉強しておけばよかった,って思うのですよね。

a0043326_18224758.jpg
まずは武蔵御嶽神社にてお参り。空気も澄んでいておいしくて本当に気持ちがよいです。平日だったので,参拝客も少なく,聞こえるのは私たちの歩く音だけ・・・。なので,私たちが立ち止まると「し~ん」ととても静かなのです。こんな静けさ,普段の生活ではありえませんね。残念ながら紅葉の季節はもう過ぎてしまいましたが,きれいな冬の空気と景色は満喫できました。

さて,ランチをという時間,事前に友人に教えてもらったお店は残念ながらお休みでした。どうしようかと思ったのですが,前回9月に行ったときに「今日はランチをしていないのよ」と別の食事処を教えてくださった素敵な宿坊を思い出し行ってみることに。実は今回も「うちは予約制だから」ということだったのですが,「お蕎麦くらいなら出せるかもしれませんよ」というご主人のご好意に甘えてあがらせていただきました。

a0043326_18242276.jpg

a0043326_18233646.jpg
大広間に入ると,なんとも言いがたい風情で思わず写真を取りまくりました。ふと見るとお部屋の一角に「困った人への寄付」を募っているコーナーがあり,そのお礼にということでご主人が書いたと思われる色紙がおいてありました。書かれている言葉と絵の温かさにほっこりしてしまったのですが,お名前を見ると聞き覚えのあるお名前。実は,小学校時代大好きだった校長先生が御嶽山のご出身だったということを以前に来たときに思い出していたのですが,気をつけて見るとその苗字のお家がこの辺はとても多いのです。お茶を持ってきてくださったお姉さんに聞くと「うちもそうなんですよ」という答え。何気なく校長先生のことを聞いてみましたが,「私は嫁なのでよくわからないのですが・・・。」それでもおかみさんにきいてくださったようで,すぐ戻っていらして「あの,それうちでした!」

まぁ,なんという偶然でしょう。というよりシンクロです。もし,教えてもらっていたお店がお休みでなかったら,間違いなくそちらへ行ったはずなのですから。きっと,導かれたのでしょうね。その宿坊は校長先生のご実家でご主人は甥ごさんにあたるとのこと,そして御嶽神社の宮司さんなのだそうです。おかみさんとご主人がとても懐かしく校長先生のお話をしてくださいました。私も小学校の頃の校長先生とのエピソード(もう自分の中では忘れ去られてしまっていたようなこと)を思い出したのですが,いったい何十年前のことだろうと,ちょっとぞっとしてしまいました(笑)。

a0043326_1827457.jpga0043326_1827136.jpgおかみさん手づくりのお食事もお蕎麦どころかさしみこんにゃくに煮物もついてとてもおいしく,かなりゆっくり過ごさせていただいたのに,さらに! ご祈祷もしてくださり,それぞれにあった言葉と絵を色紙に書いてくださいました。大感激です。町興しの友人に早速話をすると,さすがに知っていて,なんとこのご主人,食べ物は土から!と肥料もご自分で作り,お野菜はもちろん手づくりなのだそうです。そして介護予備軍の方たちにストレッチの指導をするなど,まさにホリスティック!そして毎朝6時半には朝の祈祷を行い,宿泊者全員に色紙を書いてくれるのだそうです。校長先生も卒業生のサイン帳に名前の一文字をとって墨で書いてくださったのですけれど,その温かい心を今もこの宿坊のご主人が引き継いでいるようで僭越ながらとても嬉しい気持ちになりました。

a0043326_1961168.jpgそんな温かい心の持ち主のご主人の宿坊は年内はもう予約でいっぱいだそうです。


寒い冬の温かい出会い。きっとこれからも御嶽山にまた行くだろうな,という確かなものがありました。偶然というのはなくすべて必然・・・。
[PR]
by lothian_y | 2006-12-13 19:08 | mt. mitake