毎日を香り豊かにのんびりと…。


by lothian_y
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

天まで届け・・・

ハワイ島では,ほとんどホテル滞在でした。
周りにはな~んにもなく(ほんとにない!),あるのは海と溶岩だけ。
ちょっとした買い物もタクシーで往復$35もかけて隣の町に行かないとできないのです。観光したい場合レンタカーは必須です。(愚痴ではありません。そういう環境に望んで行ったのですから。)

けれども3日目にoptional tourに参加しました。
Mauna Kea山頂& Star gazing ツアーです。ハワイ島ではこれか火山の火口まで行って,溶岩が流れ出ている様子を見に行くツアーが有名です。どちらも捨てがたかったのですが,夕陽と星を観るほうに惹かれてこちらに。日本から予約していて,確認のメールにもとにかく寒いから防寒用の物を必ず持参するようにというコメントがしつこいくらいに書いてあったので,少々不安になりつつも昔スキーで使った耳あてを探し出し,靴下も登山用のを引っ張り出し(10年前に富士山に登ったときに買ったもの。もう捨てようかと思っていたのにまさかハワイ行きで活躍するとは),と準備万端で行きました。

参加者は私を入れて9名。ひとり参加は私だけだったので,助手席に(ラッキー)。マウナケア山は標高4,205m,四輪駆動車かつ許可を得ている車でないと山頂まで行けません。しかし,4,000mまで車で行けてしまうのがすごい!ホテルを出ると車はParker Ranchという牧場の中をひたすら進みます。この牧場,東京23区の1.5倍はあるそうで,その中に牛,馬,羊などがのんびりと生活しています。餌は天然の草のみ。ストレスなし。ハワイのお肉は安全です。というガイドをしてくださりながら運転をするのって大変でしょうね~。道はどんどん悪くなっていくし・・・。なので,一生懸命聞きました。

a0043326_7191463.jpga0043326_7192821.jpg











牧場を抜け,軍の演習場を抜けるとあたり一面の溶岩。ひとっこ一人いません。
手を触れると大地のエネルギーを強く感じ,体が温まっていきます。

一気に山頂まで行くと高山病になってしまうので,途中オニヅカビジターセンター(2,800m)で休憩を1時間。そしていよいよ山頂に向かいます。マウナケアはハワイ語で「白い山」という意味。ハワイ島にはもうひとつ4,000m級のマウナロアという山がありますがこれは「長い山」。ほんとうに稜線がどこまでも続いています。(写真左上に見える山の裾野がそうです)

a0043326_720629.jpg
2,800m地点でもかなりの眺め。
a0043326_7202569.jpg
山頂には多くの国の天体観測所があります。なんだかまるで宇宙ステーションに迷い込んでしまったよう。一番左が日本のすばる観測所。右奥に見える山はマウイ島。
a0043326_7203946.jpg
日の入りは17:45。気温は-5℃!!! ちなみに地上は日中は30℃くらい。
4,200mなので晴天率も95%くらいなのだそうです。
富士山で見たのは日の出。そしてここで夕陽を・・。素直に自然に感謝します。

a0043326_7212820.jpg
あまりに山頂は寒いので,またオニヅカまで降りてそこで天体観測です。もう,空からこぼれんばかりの星。ツアーでは天体望遠鏡を見させてくれます。スバルやアンドロメダ銀河,白鳥座,金星などなどを見ることができました。あまり天文は詳しくないのですが,それでも十分楽しめます。残念ながら星を撮影するのは私のカメラでは不可能でした。

a0043326_7214547.jpg
旅の目的のひとつは「壮大な自然に触れる」こと。
地球ってすごい・・・。心から平和を願いました。
[PR]
by lothian_y | 2005-12-13 07:24 | ∟2005 Hawaii